横浜GSFC U-12

hodogayags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2019年 08月 31日

8月31日(土) 5年生 ルーキーリーグU11

本日はルーキーリーグU11に参戦しました。

8月31日(土) @元宮さわやか公園

8月31日(土) 5年生 ルーキーリーグU11_a0109316_00522369.jpeg
8月31日(土) 5年生 ルーキーリーグU11_a0109316_00524139.jpeg
8月31日(土) 5年生 ルーキーリーグU11_a0109316_00525803.jpeg
8月31日(土) 5年生 ルーキーリーグU11_a0109316_00532153.jpeg
【結果】
vs AC等々力 (FM) 0-1
vs 太尾 6-1 しんたろう、あさと、こうと、ゆうか×2、しば
vs KAZU SC (FM) 4-0 げんき、しんたろう×3
vs 六浦毎日SS 0-0


今日はルーキーリーグらしくサッカーを楽しみながら、勝利も目指してと戦いました。
3試合の予定でしたが1チーム欠席のため、対応できるチームでフレンドリーマッチにおきかえたおかげで、GSは4試合を堪能できました。ウォーミングアップもなく試合だったのでバタバタしましたが、試合ごとに色々と挑戦してくれて、たくさん成長していました。
コーチが嬉しかった点は、たくさん挑戦してくれたことです。試合をこなすのではなく、今できることを相手にぶつけ、うまくいかなければ工夫を加えてもう一度挑戦してくれました。今日だけでも試せることが増えたのではないでしょうか。上手くいくかは相手があることですから、より強い相手でも上手くいくように1つ1つの技術を高めていってください。

その中で設定したテーマと説明した内容です。
1. 全て自分で動く(相手が、ボールが、自分のそばにきたから動くのではない)
2. 自分でボールを奪いに行く。(マイボールにしないと攻撃が始められない。)ボールを奪った後の挑戦を増やすため、今日は守備の強さをはじめに求めました。
アタック&カバーも忘れないよう補足説明。
3. 縦パス
4. トラップの方向(次に進む方向を考えておく。行きたい方向へトラップするための体の向き)
5. パスをもらうための動き方をポジション毎に説明
「2トップ」は二人で協力する。後方の見方がボールを持ったら、二人ともが前でパスコースを作ってあげる。
コートを縦に2つに割って、ボールがある反面に2トップの2人が入れるように横に頑張って動く。1人がパスをもらえたら相方へ次にパスを出せると攻撃が暑くなる。そのために、後方からパスを引き出す際に2トップがお互いを向いていられる位置をとれるように心がける。
パスの出し手の技術も必要だけど、なるべく高い位置(相手ゴールに近い位置)で待つようにして、パスの出してから離れる。そこから戻るスペースは全て自分が使えるから。
出してくれたパスは、逸れるものだと思ってなんとかして触ってあげよう。
「サイドハーフ」は、コートの横幅を広く使うことを求めました。守備の時は内に絞る必要がありますが、味方がボールを奪ったら、その場や更に近づいてパスをもらおうとするのではなく。タッチライン(スローインの線)へ広がってパスをもらうことを心がけてもらいました。その移動の際にもボールを見ながら走ることの重要さを説明しました。
「2バック」は、前の見方がボールを持ったら、常に斜め後方でパスをもらえる準備を求めました。ボールをもらう距離について意識してもらいました。何のために目指すべきゴールから遠ざかる後方へパスを出す必要があるのか?パスをもらうDFは次に何をするのか?今日は簡単に「相手がすぐにプレッシャーをかけてこないように離れてパスをもらう」ことを試してもらいました。守備はカバーに近づき、マイボールになったら左の人に対して斜め後ろの少し離れた位置へ動くことはかなりしんどい作業であることも説明しました。
サッカーを楽しむ姿勢、全力を尽くして勝ちを掴もうとする気迫はベンチと応援に来てくださった保護者の方へも十分に伝わったと思います。無得点で引き分けに終わった六浦毎日さんとの試合も、ゴールへ迫ることはできていました。これからはシュートやゴール前のプレーも練習していきましょう。例えば、しんたろうの得点シーンはみんなのお手本になると思います。キーパーが届かないコースへしっかりとボールを蹴っていました。色々な得点ありました。自分なりの選択肢を増やし、落ち着いてより良いプレーをゴール前でも選択できるようにみんなで、頑張ろう。

会場設営とルーキーリーグを運営していただいたKAZUさん、大変ありがとうございました。
対戦していただいたAC等々力さん、太尾FCさん、KAZUさん、六浦毎日SSさん、ありがとうございました。またよろしくお願いします。
配車と応援にきていだいた保護者のみなさん、ありがとうございました。
佐々木さん、今日も応援と写真をいただきありがとうございました。ゴウも応援ありがとう!

何位になったかな?


by gsfc12 | 2019-08-31 23:35 | 公式戦 | Trackback | Comments(0)
2019年 08月 31日

5年生 保土ヶ谷リーグ 対坂本SC

5年生 保土ヶ谷リーグ 対坂本SC_a0109316_22054805.jpg
5年生 保土ヶ谷リーグ 対坂本SC_a0109316_22052795.jpg
5年生 保土ヶ谷リーグ 対坂本SC_a0109316_22050587.jpg

ボス登場


保土ヶ谷リーグを、行いました。

形式: 8人制 15分ハーフ+練習試合(15分×2
日付:8/31(土) 
時間:15時~17
会場:境川遊水地

相手:坂本SC

結果:5-0 得点者:りゅうと×2、はる×2OG

本日のテーマは、

「スローイン」

ここに拘って、試合に臨みました。

4年生の頃からスローインの難しさや重要性については何度も伝えてきましたが、蹴ることと比べて重要性を理解させてこられずにいました。

最近の練習試合でもちぐはぐな場面が多く、平日の練習担当コーチにお願いして、再度取り組んでいくことにしたテーマです。

確認したことは、

①味方の足元に投げよう。

受け手の動き出しのタイミングを見よう。

投げるタイミングを逸したら、一度キャンセルしよう。

以上の3点。

投げ手が勝手に投げても、受け手が勝手に動き回っても、上手くいかないものです。

受け手は投げ手を思いやって動き出し、投げ手は受け手を思いやって投げる。

シンプルですが、案外難しいものでもあります。

今日はW-UPでもスローインを交えて、徹底的に確認しました。

試合ではその効果がはっきりと現れ、投げ手が困ってフリーズすることもなく、丁寧に足元へと投げていたし、受け手も一瞬のタイミングで相手から離れ、投げやすさを作り出す場面が目立ちました。

これに満足してしばらく放置すると、また相手に投げちゃう病やフリーズが再発しそうなので、平日コーチと連携して、定期的に取り組んでいきます。

(練習試合)

結果:7-0 得点者:りゅうと、ゆうせい×2、はる、ごう×3

こちらは、前半と後半で戦い方を変えることを要求しました。

前半は、「しつこく繋ぐ・ゆっくり攻める・何度もやり直す」をテーマに掲げ、

後半は、「速く攻めること」をテーマに掲げました。

色々なサッカーがある中で、どんなサッカーにも適応できるようになっていきたい。

このトライに関しては、思った以上にはっきりと表現してくれました。

明日も練習試合。

相手も会場も違いますが、今日の継続を忘れずに。

そして、明日もベストであることを目指そう。

対戦していただいた坂本SCの皆さん、ありがとうございました。

西山さん、本部業務と撤収作業にご協力いただき、ありがとうございました。

保護者の皆様、配車と応援ありがとうございました。

しんたろう、応援ありがとう!




by gsfc12 | 2019-08-31 22:17 | 公式戦 | Trackback | Comments(0)
2019年 08月 29日

夏合宿報告 第9回 尾瀬花咲ジュニアフェスティバル 4.5年生大会 チームG

大変遅くなりましたが、7月27日(土)~7月29日(月)に行われました夏合宿、4,5年生大会 チームGの活動報告です。

4,5年生 横浜GSフットボールクラブG
担当コーチ 笠原
メンバー ウミ、コウト、リョウタ、ユウカ、ゴウ、シバ、シンちゃん、アラタ、ハルト、シンジロウ、ナオト、ルナ、テル


初日最初の試合前に選手達とミーティングをして合宿の中での皆の目標、コーチからのテーマを話し普段4.5年生がMIXで試合をやる事なんてありませんからチームワークや協力の部分は強く話しました。

また、私的には普段はあまり見れてない選手や子供達とのコミュニケーションを大事にし、この合宿が終わる時にはまたこのチームで試合したい!ってなってくれたら嬉しいな〜と考えていました。



■初日(予選1試合、FM2試合)
予選第1試合 vs POMBA立川ホワイト
スコア 5-0
G シンちゃん、ユウカ×2、ゴウ、ルナ

まさか初戦を5-0のロケットスタートしてくれるとはちょっと予想もしておらず苦戦するんじゃないかな?と思っていたので驚きしかありませんでした(笑)特に5年生がチームを引っ張ってくれた面は大きく責任感が強い子が多く居たのも影響したのかもしれません。

後半からは4年生も出場し、遠慮せずにプレーさせてあげていた5年生の姿も印象的でしたし、何より声掛けの部分では大きな励みになり4年生は臆する事なくしっかりチャレンジ出来ていました。

また、チーム的にも勝って大会をスタート出来た事により4.5年生の仲も良くなり、試合後にはあっという間にふざけ合ったりするシーンを見る事が出来ました。



FM vs 東松山北ブルー
スコア 1-0 
G ゴウ

フレンドリーマッチの中で選手間の特徴を知る事や意識して欲しい事を伝え攻撃に関しては【シュートを打つ!】守備に関しては【相手陣地でボールを奪う】この2点を伝えました。特に攻撃に関してはこの文だけ見ると単純な文章に見えますが、試合中の様々な場面や局面の中でゴールを目指す姿勢=シュートまでいこう!と話し積極的にゴールを目指す姿勢を示してくれました。


FM vsGSFC S
スコア 3-5 
G 不明…すいません

予定にはなかったFMを追加しライバルチームとの1戦!!互いに闘志メラメラで拮抗した試合展開にはなりましたが、相手のが上手くポディショニング出来ていた部分とうちがやりたい事をやられてしまいました…

勝ち負けにはそこまでこだわっていませんでしたが、なかなか上手く自分達のプレーが出来ずに負けたので悔しかったのでしょうね。泣いてる選手もちらほらと。
この悔しさで明日以降どう変わってくれるのか?
2日目は予選リーグが2試合あるので集中力的にも不安はありますが、果たして…


■2日目
予選第2試合 vs東松山北ホワイト
スコア 2-1 
G ルナ、ユウカ

自分的に(すいません)この試合がこの合宿でのターニングポイントになったかなと思っています。

2日目もやる事は変わらず沢山色々な事は言わず攻守において何点か確認してから試合に臨みました。

選手の皆も勝ち星スタート出来た事で調子は上がっていましたし顔も明るく雰囲気も良くて、何かやってくれそうな気配はありました(笑)

チームとして練習の時間が無い中で確実に昨日より成長し4.5年生の隔たりなく、もう1つのチームになっていたのが驚きで2日目からチームに合流したハルトも積極的に自分のプレーを出してくれていて頼もしかったですし、得点した2点とも素晴らしい攻撃からの得点でシュートを意識していた結果だと思いますし、普段でもあまり見られないようなスーパーなシュートでした!


予選第3試合 vs リガールU-11
スコア 1-2 
G ユウカ

予選リーグ最大の山場!相手も2連勝中でしたが、スコア的にも大差で勝ってきており攻撃的なチームでした。引き分けでも得失点差で2位になってしまうので、とにかく勝ちを目指し前半から戦う姿勢を見せて欲しいと話し選手を送り出しました。

試合は拮抗し緊張感もある試合展開になり山場の試合だった事もあり他チームや応援してくれる人のギャラリーも大勢居ましたが、コウトを中心に攻められる時間が多くても食らいついていく、最後身体を張ってまで相手を止める、今まで見せた事無かったスライディングをかます!闘志溢れるプレーは感動しましたし、コブラで選手をしている笠原コーチも見習わなければいけません…

最終的には後半少しバテてしまい1-2で負けてしまいましたが、間違いなく今大会のベストゲームでしたし負けはしましたが、本当に良く戦ってくれたと思います。

試合に負けた事により2位で最終日にある準決勝に進みます。まだ優勝の可能性はあるし終わった訳ではないと話し泣きながら食べるお弁当後、午後のFM2試合へと続きます。

FM vs 伊勢崎SFCイレブン
スコア 3-0
G ウミ×2、ゴウ

FM vs 東松山北ブルー
スコア 4-0 
G シバ、ウミ×2、ゴウ

FM2連勝、そして無失点と素晴らしい成績で2日目終了。4年生もだいぶ5年生のスピードに慣れてきて個々の特徴を1日目より出してくれてましたし、GKをやる事の多かったナオトは臆する事なく勇気を持ってプレーしてくれて頼もしかったです。また、シンジロウのライン際ボールが出るか出ないかのギリギリの所を一生懸命追いかける姿!!素晴らしかったし、最後まで諦めない気持ちを見せてくれました。


■3日目
決勝トーナメント1回戦 vs 伊勢崎SFCイレブン
スコア 0-1

朝8:40KOのまだ身体が起きてない、頭も起きてない状態でしたが、それは相手も同じ条件なわけで、、、

明らかにアップからちょっとおかしいな〜と感じていましたし、アップも身体を起こしたり目の覚めるようなメニューを考えやったつもりでしたが、まだまだ起きてないチームで前半苦しい展開の試合になり前日のFMでは快勝したチームに苦戦します。

後半もエンジンが掛からず4年生も投入し流れを変えようと試みたものの、結局最後まで不発のまま失点してしまい敗戦となってしまいました。。。

良くなかった点を挙げるとすると、やはりこの試合に関しては人任せにしてる場面が多く攻撃はパス出して終わり、ドリブルしても周りのサポートが無い、守備に関しても似てますがチャレンジした後のカバーが遅れたり一発でボールを奪いに行き簡単にかわされてしまうなど、頑張っていた部分も勿論ありますが課題が浮き彫りになった試合になってしまいました。

この試合に負けたので3位決定戦のGS対決に臨みます!!お互い負けられない試合になりますが、どういったプレーやメンタルを見せてくれるか楽しみです!


3位決定戦 vs 横浜GSFC S
スコア 1-0
G シンちゃん

合宿最後の試合は3位決定戦でライバルと戦うことになりました。

この試合は互いにチャンスを作っていたけど、どちらかと言うと相手のがチャンスは多く、うちが何とか凌いでいた展開でした。

数少ない攻撃の中で点が取れる形をうちは持っていたので耐えて耐えてそのチャンスをしっかり物にして1-0と逃げ切りました(笑)

本当に激闘でしたが、互いに魂のぶつかり合いで見ている側としては感動したし、こういう試合を横浜帰ってもしてくれたらと思います。

合宿はこれで終わりですが、3位は本当に立派な成績だし、短い時間だったけどこの合宿で身に付けたものをまたこれからの活動で発揮してくれたらと思います!

笠原コーチも3日間本当に楽しかったですし、一緒に熱くなりました(笑)ありがとうございました!

最後にひとりひとりに簡単にですがコメントしていきます。


ウミ 大事なシーンでしっかり点を決めてくれたしやっぱりFWとして求められるのは得点です。技術的にはまだまだ改善しないといけない点はいくつもありますが、自分の長所を発揮出来ればもっと点取れるし、良さです!
自分のスタイルを見失わずこれからも頑張って下さい。

コウト DFリーダーとして、またチームのまとめ役として試合中、みんなに声をかけている姿は頼もしかったし、最後まで粘る姿勢は賞賛に値します。プレーで語れる貴重な選手なのでこれからどう成長していくのか楽しみです!

リョウタ 今大会のビッグサプライズでした!!(笑)プレーの判断に間違いがなかったし、もちろんパスミスやドリブルミスはあったけどチャレンジしてのミスは全然構わないと思います。その狙っていた糸は見ていてわかったし、後はその質を高めてくれれば将来が本当に楽しみな選手だし本人はそんな自覚ないかもしれないけど、試合に絡める機会は増えるはずです!

ユウカ 右MFで出て貰う試合が多く運動量的にもキツい部分があったと思いますが、弱音を吐かず、むしろ運動量は全然落ちないし体力あるな〜と感心していました!プレーもしっかり止めて蹴れる選手なのでチームにとって大事な存在でしたし、CKやFKを蹴るシーンもあったりでチームの中心的存在までになりました。これからもひたむきに頑張って欲しいです!

ゴウ セントラルMFで出場してもらいました。また今大会のキャプテンもやってもらい精神的にも成長したのではないかな?と思っています。チームみんなの責任を背負う必要は無いけど誰よりもチームの為に走りファイトし声を掛けてくれてました。この経験が今後の彼にどう影響するのかは分かりませんが、間違いなくこの3日間で大きく成長してました!気持ちの強い選手ですが、そうでないスイッチオフの時もあるのでどう自分でスイッチを入れられるのかが課題ですね!

ユキナガ またまだ技術的に足りない部分が多く周りをもう少し見る必要もありますね。前への推進力は突出してるので間違いなく課題が修正されれば怖い選手になるなと!
また、キック力だけでなく当てるポイントはしっかりしてるので今後どういう選手になっていくのか注目していきたいです!

シンちゃん FWとして大事な試合で点を決めたり攻撃の起点となってくれたり、自分で仕掛けていけたりと、万能な選手になったな〜という印象です。特徴的な選手ですが、サイズが小さいからと言って物怖じせずにそういうメンタルも持ち合わせているのはすごいなぁと思いましたし、日々成長してるんだなと。今大会の優秀選手賞も受賞しこれからが楽しみです!

アラタ 常に元気にプレーしてくれて常に試合出たいアピールが凄かったです(笑)プレー自体もそのスタイルが出ていてアグレッシブにコートを駆け回ってくれました。一つ注文を出すとしたらドリブルに緩急をつけれるようになると、もっと敵をかわせるシーンが増えるはずです!

ハルト 2日目からの参戦でしたが、ハルトらしいプレーを5年生の相手に見せてくれましたし、物怖じしないメンタルも驚きでした!また、独特なプレーで意表をついたプレーを随所に出してファンタジー溢れるちょっと5年生にも居ないタイプだったので貴重な選手でした(笑)

シンジロウ なかなか最初から試合に出してあげれなくて申し訳なかったと反省してます…FMは最初から出たりもありましたが、リーグに関しては途中から出る試合が多く上の学年の相手に苦労していましたね。でも何度も何度もチャレンジする気持ちは折れず強い子だな〜と感心していました。どの試合もマッチアップする相手に負けない気持ちでこれからも戦ってくれたらと思います。

ナオト 主にGKで出てもらう試合が多く、また物怖じしない性格で勇猛果敢な飛び出しでチームを幾度なく助けてくれました。GK向いてるのかな〜と思ってましたが、左ハーフをやった試合も自慢のキック力を披露し素晴らしい突破からチャンスを作ってくれた姿を見て潜在能力の高さを知りました。まだまだ戦術的な部分やポディショニングなどは改善しないといけませんが、面白い選手です!!

ルナ 相方のコウトと2枚のDFで鉄壁の守りをしてくれました!キック力、走力、共に申し分なく上の学年相手でも全然平気でしたし、戦えていました。将来どんな選手になるのか楽しみな子ですし、リーダーシップを張れる子になると今後更に成長する んじゃないかな?と思います!

テル    チームの中での役割を忠実にやってくれましたし、何よりポディショニングが良くチャンスは物に出来ませんでしたが、そういうチャンスに必ずテルが居てくれました。待つ事もサッカーの中では必要な要素になりますが、呼び込む動作を覚えてくるとより良くなると思いますが、それはまた中学年代に入ってからのような気もします。良い物は持ってるのでそれを上手く表現出来るよう頑張って欲しいです!

最後に、写真を載せていきます!
3日間本当にありがとうございました!
また、今日まで準備をしてくださり合宿も帯同して下さいました合宿委員の皆様、本当にお疲れ様でした。


a0109314_14311281.jpeg
夏合宿報告 第9回 尾瀬花咲ジュニアフェスティバル 4.5年生大会 チームG_a0109316_14551980.jpeg


3日間ありがとうございました!!



by gsfc12 | 2019-08-29 14:51 | Trackback | Comments(0)
2019年 08月 26日

5年生 サマーカップ(フットサル大会 5・6年生の部)

8/25(日)にエフスタジオさん主催のフットサル大会に参加しましたので、
結果をご報告します。

★試合結果★
【予選リーグ】
GSFC 0 - 2 背番号12
GSFC 0 - 3 パイナポー
GSFC 0 - 2 大崎SC
GSFC 1 - 1 磯子SC(得点:ケイト)
予選リーグ 1分3敗 5チーム中5位

【順位決定戦 9位・10位】
GSFC 0 - 0 六浦少年
(PK 2 - 3)
5年生 サマーカップ(フットサル大会 5・6年生の部)_a0109316_18133793.jpg
5年生 サマーカップ(フットサル大会 5・6年生の部)_a0109316_18140076.jpg
5年生 サマーカップ(フットサル大会 5・6年生の部)_a0109316_18141571.jpg
ケイト、コウト、リョウタ、ハルト、シバ、ヒロキ、シンタロウ、リュウジ
の8名で大会に臨みました。
試合前に選手だけでミーティングを行い、以下の3点について決めてもらいました。
1.この大会のチームとしての目標
2.目標を達成するためにチーム全体でやるべきこと
3.個人としてやるべきこと
話し合いの結果
1.最初から最後までサッカーを楽しみながら全力を出し尽くす
2.喜びも失敗もつらいこともチーム全員で共有する(声を掛け合う)
3.ケイト:仲間を助けるため、運動量を落とさない
  コウト:ボールがないところでもサボらない
  リュウジ:ボールがないところでもサボらない
  ハルト:全力で仲間を助ける
  シンタロウ:遠慮しない。サッカーを楽しみ、最後に後悔しないようにする
  ヒロキ:失敗しても自分で取り返す
  シバ:仲間を助けるプレーを心がける
  リョウタ:声で仲間を助ける

自分たちで立てた目標・やるべきことを胸に、いざ試合へ!向かいましたが、
1試合目が始まると、なかなか今までの自分の殻を破れず、仲間を助ける声・運動量を
確保できず・・・
しかしながら、試合を重ねるごとに今日の目標に向けて少しずつ変化を感じることができました。
予選リーグの最終戦と順位決定戦では、みんなの勝ちたい気持ちがひとつになり、声を掛け合い、
仲間のために全力でプレーする姿を見せてもらうことができました。
最後のPKで敗戦が決まった瞬間、チーム全員で悔しがり、中には涙する選手もいました。

今日の悔しさを忘れずに、一人ひとり目標を持ち明日からの練習に活かしていこう。

大会を開催・運営いただきましたエフスタジオのスタッフの方々・ジュニアユースの選手たち、
どうもありがとうございました。
また、いつも送迎・応援にご協力いただいております保護者の方々、ありがとうございました。
さらに、仲間の応援にかけつけてくれた爽やかな少年たちありがとう!
5年生 サマーカップ(フットサル大会 5・6年生の部)_a0109316_18143556.jpg


by gsfc12 | 2019-08-26 18:09 | 招待杯 | Trackback | Comments(0)
2019年 08月 25日

5年生 フットサル練習試合 対カルチェット

5年生 フットサル練習試合 対カルチェット_a0109316_16531790.jpg
5年生 フットサル練習試合 対カルチェット_a0109316_16525764.jpg
5年生 フットサル練習試合 対カルチェット_a0109316_16524287.jpg

フットサルの練習試合を、行いました。


形式: 5人制 7分×210分×
4
日付:8/24(土) 

時間:13時半~16
会場:逗子アリーナ
相手:カルチェット
結果:12-6 
1本目:1-0 得点者:しりゅう
2本目:0-0
3本目:1-1 得点者:げんき
4本目:3-1 得点者:はる×2、こうと
5本目:1-2 得点者:しんたろう
6本目:6-2 得点者:こうと、せいは、しんたろう、ごう、はる×2


カルチェットさんに及びいただいて、フットサルを体験してきました。
カルチェットの新妻さんは、イタリアやFリーグでのプレー経験のある方で、GSの選手も含めて、クリニックを開いてくださいました。
試合のどの場面で使えるテクニックなのか、ボールを置く位置を具体的に伝えてくれるなど、細かなご指導は私も勉強になりました。
教えていただいた
「プレーのキャンセル」(直前で判断を変えること)
などは、まさにGSの選手達の苦手としているところで、収穫の多いクリニックでした。


得点経過を見て分かるように、エンジンのかかりの悪いまま試合を重ねます。
メンバーを細かく入れ替えながら、様々なポジションでプレーさせました。
フットサルの経験も、ほとんどない。
選手達にも、言いたいことや思うことはあると思います。
最後の最後、
「いい加減にやってこい!」
と伝えて送り出しました。
ボールを奪うためのプレススピード、連動していくための予測や運動量、ミスはあるものの、
「やってやる!」
の気持ちを見せてくれた唯一のゲームになりました。
ピッチに立って、手を抜いた選手はいません。
誰もが、一生懸命にプレーしていたと思います。
けれど、覚悟を持って臨んだゲームは、6本目だけだったんじゃないか?
勝ったから全てが良いわけではなく、勝てなかったことや勝ち切れなかった結果の部分じゃないぞ!
観ていて楽しませてもらったのが、最後の10分だけだったということ。
1本目から覚悟を持てなかったこと、立て直す必要性に気づけなかったこと。
0817のあの練習試合を経験して、まだやるべきことに気づいていない。
自分達に足りないものを、掴みにいこうとしない。
でもコーチが言えば、頑張れる・・。
急に6本目に上手くなったわけじゃない。
皆が覚悟を持ったから、そんな戦い方ができたということだと思います。
6本分戦った選手達の成長。
1本分戦った選手達の成長。
失った本数は、絶対に取り返せないからね。
いつも伝えているけど、次なんてないぞ!
今の積み重ねが、全てだから。
最高の今を積み重ね続けよう。
勝っても負けても、大切なことはベストであったかどうか。
そして次もベストにする気持ちを持ち続けるかどうか。


対戦していただいたカルチェットの皆さん、ありがとうございました。
新妻さん、スタッフのみなさん、クリニックありがとうございました。
カルチェットの保護者の皆様、差し入れをいただきありがとうございました。
保護者の皆様、配車と応援ありがとうございました。




by gsfc12 | 2019-08-25 16:57 | 練習試合 | Trackback | Comments(0)
2019年 08月 18日

8/18(日)4年生 交流試合

日時:8/18(日)9:00〜12:00
会場:境川遊水地公園
試合形式:.U-10対象 10分一本

GSFC-G
ユウト、アラタ、ナオト、マサキ、ルナ、ケンヤ、Sから助っ人2名(フィールド1名、キーパー1名)

GSFC-S
セッキー、フウガ、ダイキ、ヨッチ、シンジロウ、テル、ナツル、Gから助っ人キーパー

第1試合
GSFC-G 対 CFC 0-0

第2試合
GSFC-S対サザンFC 0-0

第3試合
GSFC-S対CFC 0-1
失点

第4試合
GSFC-G対サザンFC 1-0
Gマサキ

第5試合
GSFC-G対CFC 0-0

第6試合
GSFC-S対サザンFC 1-1
Gセッキー、失点


暑い中、参加いただいたサザンFC様、CFC様
ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

久しぶりに4年生全員参加でのトレーニングマッチとなりました。
均等にプレータイムが持てるよう夏合宿の発想を拝借して、選手の特徴や得意なポジションなどを考慮しながら、合宿と同じように2チーム制にして試合に臨みました。
暑さの兼ね合いから、試合時間を短くして10分一本で試合を行ったので、どの試合もプレー強度は落ちずに見応えのあるナイスゲームが多かったです。
選手達も楽しそうにプレーしてくれていて嬉しかったです。
お疲れ様でした!

審判対応や応援に来ていただいたコーチ、保護者の皆さま
暑い中、ありがとうございました。
8/18(日)4年生 交流試合_a0109316_22435964.jpeg
8/18(日)4年生 交流試合_a0109316_22441344.jpeg
8/18(日)4年生 交流試合_a0109316_22442892.jpeg
8/18(日)4年生 交流試合_a0109316_22444552.jpeg
8/18(日)4年生 交流試合_a0109316_22450779.jpeg
全員集合してるし、記念にパシャり。
暑くて挨拶の時には、ほぼ皆フテッちゃってますね。。
お疲れ様でした!


by gsfc12 | 2019-08-18 22:16 | 練習試合 | Trackback | Comments(0)
2019年 08月 18日

5年生 練習試合 対バディーSC

5年生 練習試合 対バディーSC_a0109316_07554218.jpg
5年生 練習試合 対バディーSC_a0109316_07553095.jpg
5年生 練習試合 対バディーSC_a0109316_07551938.jpg


練習試合を、行いました。


形式: 8人制 20分×4
日付:8/17(土) 

時間:10時~12
会場:日産追浜グランド
相手:バディーSC
結果:0-15 


0-2
0-5
0-4
0-4
本気で日本一を目指す同級生たちに、完璧に打ちのめされました。

試合に臨むテーマは、
「良い経験だった。 上手くて早くて強かった。」
そんな収穫の無い感想を残さないよう、この試合を意味のある練習試合にしよう。
このように伝えて送り出しました。
戦術的な確認としては、
「無理にボールを奪いに行かず、バックパス(消極的なプレー)を選択させる」
ここを徹底していくことにしました。
最初の一本目、初失点まで時間が掛かり、その間ボールを保持されるものの、仕方なく後ろに戻すパスを選択させる回数が多く、チーム全体で素早くスライドしていくなど、高い集中力で守っていきました。
自陣での弱く近い縦パスから、一気にショートカウンターを食らって初失点。
勿体ない失点でしたが、それでも気落ちすることなく、狙いを継続して終了しました。
二本目からは、守備に追われ走行距離を増やすチームと攻撃を繰り返して走行距離を増やしているチームとの差もあり、鍛えてきた持久力の差、サッカーに懸ける本気力の差、そんな部分がはっきりとスコアに現れました。
疲労から守備の約束事を忘れ、時間をかけさせることができず、簡単にはがされては強く速く正確なミドルパス・ショートパスで翻弄されました。


バディーさんのみせるプレー。
敵に穴を作るための横パス(保持)、作った穴を見逃さず入れてくる縦パス(前進)、穴が出来ていないと判断した時の躊躇ないバックパス(後退)、相手の裏を狙う長い距離の走り込み、その動きを見逃さないボールを保持している状態での視野、無難なプレーだけでなく、勝負をかけるための果敢な仕掛け、そして仲間への途切れない声掛け。
目の当たりにして、何に気づいただろうか?
何かを得ることは出来たかな?


試合前に、
「今日の試合を経験して、明日の練習で成長しようという姿勢が表現できなかったら、もう日本一を本気で目指すチームへの挑戦は止める」
と宣言してあります。
思い出作りの練習試合を増やす必要はない。


対戦していただいたバディーSCの皆さん、ありがとうございました。
保護者の皆様、配車と応援ありがとうございました。




by gsfc12 | 2019-08-18 07:59 | 練習試合 | Trackback | Comments(0)
2019年 08月 14日

8/4(日)4年生 練習試合

8/4(日) 13:00〜15:00
清水ヶ丘公園
対戦相手:FCねぎし
試合時間:10分1本

国チビ抽選会でお声がけいただき、FCねぎしさんとの練習試合に参加しました。
FCねぎし様、ありがとうございました。
国際チビっ子大会でも、お互いに頑張りましょう!

GSFC(以下略、GS)、FCねぎし(以下略、ねぎし)

GS 0-0 ねぎし

GS 0-2 ねぎし
失点、失点

GS 0-0 ねぎし

GS 0-0 ねぎし

GS 2-0 ねぎし
GユウトAマサキ、GユウトAナツル

GS 1-0 ねぎし
Gマサキ

FCねぎしさんもGSも夏休み期間中という事もあり参加人数が少ない中、当日も前日のOISOカップと同様に大変な暑さでしたが最後まで良く頑張っていました。
お疲れ様でした。
引率、審判対応いただいたコーチ、応援保護者の皆様
ありがとうございました。

8/4(日)4年生 練習試合_a0109316_11433047.jpeg
8/4(日)4年生 練習試合_a0109316_11434402.jpeg
8/4(日)4年生 練習試合_a0109316_11440019.jpeg



by gsfc12 | 2019-08-14 11:29 | 練習試合 | Trackback | Comments(0)
2019年 08月 14日

8/3(土)第3回OISO CUP〜大磯運動公園杯〜U-10

8/3(土) 大磯運動公園 10:00〜17:30

OISO CUP
全16チーム 4ブロック
予選リーグ
8分ハーフ(猛暑のためプレータイム変更となりました)

決勝リーグ
予選リーグ消化後に勝ち点によってパート分け
15分ハーフ


予選
第1試合 羽鳥SC 2-0
GユウトAセッキー、Gナツル

第2試合 ペアーズ戸田 0-5
失点、失点、失点、失点、失点

第3試合 ハリマオSC 0-1
失点

予選 1勝2敗で3位パートへ↓

決勝リーグ3位パート

1回戦 関谷SC 4-1
GセッキーAナオト、Gセッキー、失点、GセッキーAユウト、GセッキーAマサキ

決勝戦 横浜すみれSC 3-0
GマサキAセッキー、Gセッキー、Gセッキー

大会結果 3位パート優勝

大会敢闘賞 ナオト
大会優秀選手賞 セッキー


暑い中よく頑張りました!
3位パート優勝おめでとう。

猛暑の中、引率、応援していただいた各コーチ、保護者の皆様ありがとうございました。

8/3(土)第3回OISO CUP〜大磯運動公園杯〜U-10_a0109316_11234041.jpeg
めっちゃくちゃ暑かったです!

8/3(土)第3回OISO CUP〜大磯運動公園杯〜U-10_a0109316_11242107.jpeg
1番カッコいいポーズしてって言ったらこうなりました!



by gsfc12 | 2019-08-14 11:06 | 招待杯 | Trackback | Comments(0)
2019年 08月 12日

5年生 練習試合 対鷺沼SC

5年生 練習試合 対鷺沼SC_a0109316_21492820.jpg
相変わらずナイスフォーム
5年生 練習試合 対鷺沼SC_a0109316_21490767.jpg
寝ていたわけではなく、トレーニングの休憩中です
5年生 練習試合 対鷺沼SC_a0109316_21484410.jpg
怒っています・・
5年生 練習試合 対鷺沼SC_a0109316_21482373.jpg
本日のゲスト

練習試合を、行いました。


形式: 8人制 15分×510
日付:8/12(月) 
時間:9時~11
会場:新横浜公園第二運動広場
相手:鷺沼SC
結果:2-11 得点者:はる×2

5年生後半戦の取り組みを、再確認。
GKを使ったビルドアップ」
この部分には拘ってもらいたかったので、徹底しました。
失敗しても失点しても、継続していくことを要求した結果、スコアで圧倒されることに・・。
実際はスコアでなく、プレーの質に大きな差を感じました。
鷺沼SCの選手達の蹴る強いボール、そのボールを止める技術。
強いボールが来るからこそ、そのボールを止める技術も当然上がってくるように感じました。
GSのパスの選択肢は常に一番近くにいる選手。
ボールの置き所、体の向き、視線、こういった部分にも工夫がなく、拘ったビルドアップも相手の守備の矢印を真正面から受ける場面が目立ち、横に後ろに逃げるパスが続きました。
今日の相手を剥がしていくことは、まだ現時点では難しかったです。
短いパスだけでなく、長いパスを織り交ぜるなどの注意を与えました。
練習し、積み重ねていこう。

守備に関しても課題が残ったままで・・。
何度も伝えてきてはいるものの、
「奪う」と「守る」は、別物です。
相手がどんな状態でも「奪う」の選択肢しかない・・。
ボール(ゲーム)の流れを読み、相手の状態を見て「奪う」「守る」を判断できるようになろう。
「奪う」というプレーは、非常に価値のあるプレーです。
だから、サッカー界でも「奪える選手」は、貴重な存在として注目される。
けれどそれは勢いだけで成し遂げられることではなく、チームメイトと協力して沢山の罠を張り巡らせ、自分の狙った状況を相手に狙わせる計算をし、「奪える状況を作って」実行するもの。
それをせずに突進を繰り返すことは、この年代ではもう厳しい・・。
早急に整理しよう!

そして昨日の体育館フットサルに参加した選手には、「狭さ」が言い訳にならない今日のグランドで、その「広さ」を感じてプレーが出来たかを確認しました。
難しい表情で、言葉に詰まってしまったね。
広さも活かしてプレーすることも、狭さを潜り抜けてプレーすることも、どちらが難しくてどちらが簡単ということではないよ。
難しくするのも簡単にするのも、自分自身の問題だ。
「準備(見る)・判断(選ぶ・決める)・実行(技術)」
どれかが抜けてしまえば、どんな状況でも難しい。(まぐれで切り抜ける時もあるけど)
どれもが万全ならば、どんな状況も打開できる。(それでもミスはあるけど)

対戦していただいた鷺沼SCの皆さん、ありがとうございました。
保護者の皆様、配車と応援ありがとうございました。
なぜか我が家の周辺だけ雨が降り、急遽お迎えに来ていただきました。
ありがとうございました♪


by gsfc12 | 2019-08-12 22:00 | 練習試合 | Trackback | Comments(0)