横浜GSFC U-12

hodogayags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:公式戦( 934 )


2019年 06月 23日

5年生 あすなろ大会 準決勝・決勝

a0109316_22465234.jpg
a0109316_22463904.jpg
a0109316_22462211.jpg
a0109316_22455767.jpg


あすなろ大会を、戦いました。


形式: 8人制 15分ハーフ
日付:6/23(日) 
時間:15時~18
会場:能見台グランド


杉田臨海緑地での決勝トーナメントの戦いから一ヶ月が過ぎ、準決勝を迎えました。
こちらから伝えたことは、
「勝っても負けても、試合後の挨拶をしっかりとしよう」
ぬかるんだグランドの水たまりを消してくれた大人の協力や、対戦してくれるチームに対して、礼儀を尽くして大会を終える!


準決勝:六浦少年SC
結果:1-0 得点者:はる
前線に技術のある選手が3人並んだチームであることを伝え、うちの2バックでどう対応するかを確認して送り出しました。
試合開始直後から相手の脅威になったケンタロウのプレスが効き、勢いが消えないうちに先制点を奪いました。
その後も守備での約束事が機能し、最少得点差ではあるものの、危なげなく前半を終えました。
後半に向けて、
1-0で十分。 今のままで大丈夫。 焦らずに、追加点が入ればベスト」
と伝えて送り出しました。
トーナメント戦で同点(逆転)を目指して気迫を前面に出してくる相手に、「今のままで」と伝えた私の甘さが選手に伝わってしまい、前線から積極的に仕掛けたプレスのラインが下がり、押し込まれる展開が続きました。
終盤に大ピンチを迎えましたが、なんとか逃げ切り・・。
前後半で、まるで別のチームになってしまいました。


決勝:富岡SC
結果:0-3
予選リーグで敗れた相手への雪辱戦を前に、どう挑むか。
地力で上回られる相手に、変化をつけていくのか。
ここまでのスタイルで、正面からぶつかるのか。
自分達の納得のいく戦い方を選択する権利を与えました。
相手の良さを消すこともサッカー、自分達の良さを出すこともサッカー。
そのどちらも必要な事ではありますが、割り切った戦い方が有効なこともある。(私は、こっち派)
選手達は、
「自分達のスタイルで戦う」
という覚悟を決めました。
前半に先制を許したものの、拮抗した良い内容で折り返し。
観ていて楽しいゲーム!
後半に向けてピッチを広く使うことを伝えて送り出しました。
覚悟はしていたものの、攻めては跳ね返されて強烈なカウンターを浴び、力の差を見せつけられての準優勝となりました。


優勝した富岡SCさんとの戦いで感じたことは、「予測する力」。
どこにボールが出てくるのかを予測して動き出せる選手達が多く、守備では先回りされてチャンスの芽を摘まれ、攻撃では明確な意図を感じるプレーを見せつけられました。


試合後は涙を流しながらも、きちんと挨拶を終えて戻ってきてくれました。
1試合1試合、最後まで全力で戦う」
自分達で決めた大会目標に対しては、上手く戦えた試合もあり、難しい展開の試合もありました。
試合内容や結果ではなく、「全力」という部分に関しては、まだまだ甘いのではないかと感じた大会でした。
その甘さを消していくために、この大会で表現出来た全力を、普段の練習で、普段の生活で、出せるかどうか。
届かなかった場所に到達するために、また一緒に進もう。
きっとこの先も、何度も悔しい思いをするだろう。
何度転んでも、そのたびに一緒に立ち上がろう。
何度倒れても、歯を食いしばって立ち上がっていこう。
サッカーも人生も、大切なことは一緒。(だと思う)


対戦していただいた六浦少年・富岡SC皆さん、ありがとうございました。
富岡SCの皆さん、大変な会場整備をしていただき、ありがとうございました。
保護者の皆様、配車と応援ありがとうございました。

選手のみんな、また勝たせてあげられなくてごめん。
あすなろ大会の最高順位獲得、本当におめでとう。



by gsfc12 | 2019-06-23 22:53 | 公式戦 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 22日

5年生 6月22日(土) ルーキーリーグU11

本日はルーキーリーグU11に参加してきました。
a0109316_21414225.jpeg
a0109316_21421790.jpeg
a0109316_21423633.jpeg

これまで3試合を消化していますので、今日は第4戦目〜6戦目の3試合を行えました。
【結果】
今日は、ダイレクトはワンツーとシュートと意図したパス以外は我慢してやめて、あらかじめ見ておいた方へトラップして次のプレーをしようと伝えました。困ったらドリブルをする。ドリブルしながらパスコースを決めてしっかりとしたパスを出すことを目標にしました。あとはフェイント(特にキックフェイントを説明と練習)を入れてみることを追加で。
第4戦目 vs 大豆戸FC 2-1
得点者 ケイゴ、アサト(祝初得点)
前半は守備に迫力がなくやや押される展開でした。ゴールキックやパントキックを相手にカットされることが多く、そのワンプレーからロングシュートを決められて先制を許してしまいました。
後半は、巻き返しのためこの学年の土台である迫力ある守備を意識し直しました。また、前半はベンチから声出しに励んだ選手が、後半は気合のこもったプレーでチームを鼓舞してくれました。徐々に前半とは雰囲気が変わり、全員に声が出始め、プレーに勢いがうまれました。高い位置で相手のボールを奪い押し込む時間が増えていきました。相手キーパーの再三のセーブに苦しみながらもアサトのパスに抜け出したケイゴが同点弾。終了1分前にアサトの初得点かつ逆転の一撃。苦しみながらも自分たちで立て直し、見事な逆転勝利をおさめました。
第5戦目 vs KAZU SC 2-0
得点者 シンタロウ2
試合前にパスの受け方を練習し、各ポジションの動き方を説明して臨みました。
1試合目の後半の良い流れを継続でき、GSペースで進みますが得点は奪えず前半終了。
攻める際の選手間の距離と、特にサイドのMFは前に急いだりボールに近づくのではなく横(タッチライン)もっと広がることをもう一度おさらいして後半にのぞみました。目標にしたプレーは出ずでしたが、パスに頼りすぎずしっかりとドリブルで運ぶこと、相手につっかけずに止まることも交えながら、攻撃の時間を伸ばし、シュートを増やしていきます。味方のシュートに献身的に詰めたり、自身のキレのあるドリブルを繰り返したシンタロウの2得点。DFとキーパーも安定した守 守備によりしっかり無失点勝利をおさめました。
第6戦目 vs バモスFC 8-1
得点者 ウミ2、シンタロウ4、ケイゴ、ゲンキ
選手たちは疲れも見えてきましたが、本日の最強の相手と気合を入れて最後の試合に臨みました。予想と異なり、こちらの圧力が相手を押し込む展開となりました。前半に着実に加点することができ、3-0で折り返します。後半は今日に練習したことを、更にミスを恐れず挑戦することを伝えました。すると、送り出したコーチも驚くような意図を持った連続したパスやドリブルが続きました。ただ残念なことに、残り10分からはものすごい豪雨となり、グランドはみるみるうちに浅いプールとなってしまいました。本部判断で続行となるなか、テンションの下がっていく相手(普通です)と対照的に、なぜかテンションが上がり運動量が上がるGS。水の中を力強いドリブルを仕掛け、複数人のフォローが続く怒涛のラッシュをみせ5点を追加。相手のカウンターと強烈なシュートで1点は失うものの、キーパーシバのファインセーブとDF陣の安定したアタックカバーできっちり締めました。
a0109316_21383961.jpeg
豪雨が去った終了間際。水はけの良い部分の多いグランドでした。
3試合で勝点9、得失点差10を積み上げて、本日時点では単独1位に躍り出ました。せっかく運営いただいているKAZUさんが結果を集計してくださっているので、順位も気にして楽しみましょう。でもね、負けることはあります。その時に悔しくても受け止められるといいね。

【今日のおさらい】
a0109316_22140544.jpeg
a0109316_22142184.jpeg


雨の中、会場運営をしていただいたKAZU SC様ありがとうございました。
朝早くに引率をいただいた保護者の皆様、雨の中応援にきていただいた保護者の皆様、写真撮影をしていただいた佐々木さん、みなさん雨対策にもサポートをいただき、色々と大変ありがとうございました。
選手たちのしあいごの笑顔がとても素敵でした。次に向けて明日から頑張ろう。


by gsfc12 | 2019-06-22 20:55 | 公式戦 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 12日

6年生 Ocean'sLeague U-12

6/8開催「Ocean'sLeague U-12」の結果を報告します。


〔日付〕201968日(土)

〔会場〕長浜公園グラウンド

〔試合〕8人制20分ハーフ


()アシスト

〈第1試合〉

横浜GSFC  4-0  弥生台SC

得点:3′ヒュウラ、23′ユウスケ(ヒュウラ)、32′ユウスケ、34′ヒュウラ


〈第2試合〉TRM 9人制20分一本

横浜GSFC  2-0  弥生台SC

得点:4′ユウヤ(ダイジ)、9′カトハル(リンセイ)


会場幹事の弥生台SCさま、お世話になりました。

対戦していただいた皆さま、ありがとうございました。


Ocean'sLeague2019 U-12開幕!

開幕戦を見事勝利することができました!

綺麗な天然芝でテンションが上がり、珍しく広いグラウンドに順応してました(^^)

ゲーム展開を作るパスが随所で見られ、ドリブルで仕掛けつつパスなど、良い内容でした!

TRMは幹事さまの計らいで参加者全員の9人制にしていただき、全員が最後まで気持ちが入ったプレーができてました!

まだまだ始まったばかりなので、次節も頑張ります!


応援、車出しありがとうございました!

a0109316_09175527.jpeg
a0109316_09184825.jpeg


by gsfc12 | 2019-06-12 09:16 | 公式戦 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 10日

4年生 オーシャンズリーグ

6/9(日)AM 南瀬谷小学校
オーシャンズリーグU-10
15分ハーフ

公式戦
VS コスモFC 9(5-0)0
Gセッキー、GセッキーAヨッチ、GセッキーAフウガ、Gセッキー、Gセッキー、GダイキAマサキ、Gユウト、GユウトAナツル、Gダイキ

TRM 15分一本
VS FC南瀬谷 2-0
GマサキAセッキー、GセッキーAナツル

会場幹事のFC南瀬谷様。
その後のTRMまで貴重な機会をありがとうございました。
対戦相手のコスモFC様
ありがとうございました。

市大会や区大会、学校行事などでなかなか消化できていなかったオーシャンズリーグの第1節。
結果は上記の通り、大勝となりました。
試合会場の縦幅が少し狭い事を頭に入れて試合に臨みましたが、トラップが決まらない不安定なボールまでドッカンドッカン蹴りすぎてました、、
極端なんだよな。。。

TRMも含めてシュート数の割にはゴール数は少なかったように感じます。
得点できた場面では、しっかりとファーストタッチでゴールを意識したトラップが出来ていました。
継続していきましょう。
また、個人名を挙げて褒めるような事はこの試合結果報告ではしてきませんでしたが、先週と今週の試合で2試合連続5ゴールのセッキーには驚きました。
元々、備わっていた技術、オフザボールの動きに最近ではスピードがついてきて、それが以前では出来ない時もあったゴール前でシュートまでの自分の間を持てる落ち着きを生み大量点を生み出しています。
頼もしい!

この学年は人数も少ない事もあり、他学年が参加出来ているBチーム主体の成長の場となるルーキーリーグには参加出来ていません。
参加全選手出場とみんなに約束している公式リーグ戦は現在、このオーシャンズリーグしかありません。
1人でも多くの選手が貴重な実践経験の場を活かして、成長してくれる事を願っています。
引き続き頑張りましょう。

選手のみんな、お疲れ様でした。
a0109316_12044656.jpeg
a0109316_12064094.jpeg
a0109316_12065330.jpeg
a0109316_12070320.jpeg
a0109316_12072354.jpeg
こうやって見るとドリブルやプレーの姿勢がヘッドダウンしないでみんな良くなってきてますね。


by gsfc12 | 2019-06-10 11:30 | 公式戦 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 10日

4年生 6/2 保土ヶ谷区大会 U-10

6/2(日)長浜公園 サッカー場
保土ヶ谷区大会U-10 予選リーグ
15分ハーフ

第1試合
VS 岩崎FC 1(0-1)2
失点、GユウトAマサキ、失点(FK)

第2試合
VS 西谷FC 11(7-0)0
Gセッキー、Gセッキー、Gセッキー、OG(CK)、GダイキAマサキ、GセッキーAマサキ、Gフウガ、GマサキAセッキー、Gセッキー、Gマサキ、GアラタAナツル


長浜公園の綺麗な天然芝で保土ヶ谷区大会に参加しました。
大会幹事の坂本SC様、対戦相手の岩崎FC様、西谷FC様、ありがとうございました。

第1試合は入りが悪く、相手に強く行けない。マークの受け渡しに声が出ないなど、自分達で苦しい展開してしまい。失点場面は連携ミスとFKから2失点。
後半はファーストディフェンスと攻守の切り替え素晴らしく、その流れから中盤のスルーパスから得点。
得点後も相手ゴール前まで何度も攻め立てましたが、逆にカウンターから自陣ゴール前でファールを取られてしまい、FKから失点。その後もゴールならず、敗戦。

第2試合は攻めては、動き出しの速さと仕掛けのアイデアとゴール前での落ち着き。
守っては、球際やカウンターの処理など、完璧といって言い内容でした。
決して実力差が点差ほどあったわけでは無く、自分達で手繰り寄せた大勝でした。

選手のみんな、お疲れ様でした。

保護者のみなさま、応援ありがとうございました。


by gsfc12 | 2019-06-10 11:04 | 公式戦 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 15日

4年生 第46回横浜市春季大会 決勝トーナメント1回戦

5/12(日)
しんよこフットボールパーク9:00 kickoff
対戦相手: 市が尾・鉄・しらとり台A

試合結果
0(0-1)4


5/12(日)にしんよこフットボールパークにて横浜市春季大会の決勝トーナメント1回戦を行いました。
結果は0-4で完敗でした。
対戦いただいた、市が尾・鉄・しらとり台A 様
ありがとうございました。
引き続き2回戦も頑張って下さい。

会場まで応援に来ていただいた保護者の皆様、盛大な応援ありがとうございました。


待ちに待った、市大会決勝トーナメント1回戦!
GW中の交流試合や各練習日、前日の練習試合までを使用してこの日を想定して選手達と取り組んできました。
市大会予選リーグが終わってから、これまでの選手達の試合や練習風景を見ていると何故か、いい予感しかしなくて、これまでこの学年で過去に進出した決勝トーナメントの中では1番と言っていいほど、良い仕上がりというか自信を持って選手達も臨めている気がしました。

でも、結果は0-4での完敗。
試合内容は割愛させていただくとして。

またしても決勝トーナメント初戦突破とはなりませんでした。
まだ私自身、試合内容や結果を整理しきれていない、受け止めきれていないというのが正直なところですが、受け入れて前に進んでいくしかないですね。
これで2年生の国際ちびっ子大会から、3年あすなろ大会の春、秋。
そして4年生の市春季大会と4大会全て決勝トーナメントの1回戦で敗退となっています。

選手達の成長を実感すると共に、コーチとして素人ながら、一緒に歩んできた指導者として申し訳ない気持ちで一杯です。
試合後に泣いて悔しがっている選手達や落ち込んでいる選手達を見ると、試合にかけていた想いを感じて本当に胸が張り裂けそうになるというか、たまらない気持ちになってきました。
もう何度この気持ちを、この悔しさを味わわせてしまったんでしょうか。
根性論で選手達に気持ちだ、どーだという事は全く無くて。(本当に気持ちを全面に出して闘ってくれる選手達に成長してきました。)

あとどれだけ積み上げれば、目に見える結果として選手達に還元出来るのか分かりませんが、努力して確実に成長している選手達が報われる時が来るようにこれからも一緒に悩み、進んでいきたいと思います。
選手のみんな、本当にお疲れ様でした。

a0109316_11122757.jpeg


by gsfc12 | 2019-05-15 10:03 | 公式戦 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 15日

6年生 U12FAリーグ兼第46回横浜市春季サッカー大会 5日目

5/12開催「U12FAリーグ兼第46回横浜市春季サッカー大会5日目」の結果を報告します。


〔日付〕2019512日(日)

〔会場〕新石川小学校

〔試合〕8人制15分ハーフ


〈これまでの結果〉

2-0 vsC.F.C

1-1 vs磯子フレンズ

0-0 vs元石川SC

1-2 vsFCみたけ

1-1 vsYTC.FC

3-0 vsFC横浜アミザーデ

3-0 vs上星川SC

5-0 vs並木SC


〈予選9試合目〉

横浜GSFC  0-2  あざみ野FC


〈予選10試合目〉

横浜GSFC  1-0  港南台SC

得点:ケイト


予選結果:532


会場幹事のあざみ野FCさま、予選期間中大変お世話になりました。ありがとうございました。

対戦していただいた皆さま、ありがとうございました。


春季大会予選、全日程を終了しました。

予選第9試合目:予選で1番タフな試合と予想。試合前に、選手たちとどんな作戦にするか相談自分たちのやってきたことを全力でぶつけると結論。中にはガッチリ守りを固めたい選手もいたため、臨機応変に対応できるように話しました。予選期間中に他チームとあざみ野FCさんの試合を観戦する中で、恐ろしい程の攻撃力としっかりした守備力を選手たちも分かっていたため、試合前は不安と緊張が凄かったです(^^;;

不安を振り払うかのように声を出し、いざスタート。開始1分間のプレーで相手の強さを再確認。集中力が高まったように感じました。

GKのファインセーブ、DFの守備、そして運!で何とか前半を0-0で折り返し、後半もガンバローって挑みました。後半中程でFKから失点。そこで気持ちが切れるかと心配しましたが、選手同士で声を掛け合いまだまだチャレンジ!しかし、警戒していた形で更に失点。そこからも戦う姿勢を崩さず最後までチャレンジしてました!

僕自身、あざみ野FCさんとの試合は思い入れがあり、長浜の奇跡をもう一度!と挑み、熱くなってしまいました。諦める事を忘れて最後まで戦った選手は格好良かったです(^^)

予選第10試合目:9試合目の敗戦が響くかと思いましたが、何とか勝つ事ができました。

相手チームの上手い選手に翻弄され、危ない場面が多々ありましたが、守備陣、特にGKのスーパーセーブで失点を許しませんでした!後半、ケイトがドリブルでスルスルっと抜けてGK11の場面をしっかり決めて勝ち越し。決勝点となり勝利で予選を終えることができました!


予選10試合を通し、出来たこと出来なかったこと、物足りないこと。様々な発見があり、とても有意義な大会となりました!

秋でリベンジ!!

1つの大きな大会が幕を閉じましたが、リーグ戦も次の大会も練習試合もあるので、レベルアップ目指して頑張ります!

ゴールを決めなきゃ勝てない、シュートを打たなきゃゴールは産まれない。失点を許すと負ける。簡単な事を重く考えて、1試合1試合を大事にしたいと思います!


個人的な大会のまとめは、どんな事があっても感情的にならないようにしようと思います。


沢山の応援ありがとうございました!

車出しのご協力ありがとうございました!


負けて落ち込んでますよ。って顔。

a0109316_09500651.jpeg
a0109316_09504924.jpeg


by gsfc12 | 2019-05-15 09:38 | 公式戦 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 12日

5年生 あすなろ大会 決勝トーナメント

a0109316_19021362.jpg
a0109316_19015882.jpg
a0109316_19014147.jpg


あすなろ大会、決勝トーナメントを戦いました。


形式: 8人制 15分ハーフ(2試合)
日付:5/12(日) 
時間:950分~13
会場:杉田臨海緑地


一回戦:藤の木SC-A4-0 得点者:はる×3、けんたろう)
相手のFWにサイズのある選手がいたため、守備の対応を再確認して臨みました。
試合開始早々から決定的なチャンスを作り出しましたが、またしてもそのチャンスで先制点を奪うことが出来ませんでした。
予選リーグから浮き彫りになっているこの課題を、昨日の練習試合でも引きずり、今日もスタートから同じ状況にしてしまいました。
前半のうちに先制することに成功しましたが、ハーフタイムに「得点を奪うこと、失点を防ぐこと」への覚悟を持たせました。
FWには、「何度外しても、次もあいつにシュートを打たせよう」
と守備陣が奮い立てるようなシュートを打って欲しいと伝えました。
軽い気持ちで外したシュートを、守備の選手は感じ取ります。
気持ちを込めて外したシュートは、守備の選手を奮い立たせます。
味方が奮い立つシュートを打ってるか?
と攻撃陣に問いかけました。
守備陣は攻撃陣を支え、攻撃陣は守備陣を守る。
そんな戦い方を目指そう。


二回戦:品濃ウイングス(4-0 得点者:けんたろう×3、はる)
一回戦のハーフタイムで確認したことを、試合開始前に再確認。
得点を奪い、失点を防ぐことへの覚悟を持たせ、その手段を伝えて送り出しました。
守備では個の力のある相手に対して、狙い通りの対応を徹底してくれました。
攻撃は前から圧力をかけ続け、シュートを外しても前進を止めることはありませんでした。
全員守備全員攻撃が当たり前の現代サッカーの中で、守備と攻撃を分けることは難しい部分もありますが、この試合は守備陣が攻撃陣を支え、攻撃陣で守備陣を守り切った試合でした。


対戦していただいた藤の木SC・品濃ウイングスの皆さん、ありがとうございました。
運営して頂いたFC杉田の皆さん、ありがとうございました。


保護者の皆様、配車と応援ありがとうございました。


1試合1試合、全力で戦う」
この大会目標を、二回戦で初めて表現することが出来たように感じます。
その一番の要因は、先取点を奪えたこと。
それも早い時間帯で。
サッカーにおいて、得点とは皆が持てる力を思い切り引き出してくれる薬です。
サッカーにおいて、失点とは全力を出す活力を奪う引き金になるものです。
だからこそ、得点を奪うこと失点を防ぐことに、強い覚悟を持っていこう。
軽い気持ちで挙げた得点は、それを守る気持ちも軽いものだろう。
全てをかけて奪った得点は、それを守る気持ちも重く強いものになる。


今日勝利は、素晴らしいものでした。
次は相手も会場も天気も体調も、何もかも違う新しいチャレンジです。
しっかりと今日の勝利を忘れ、次への準備に全力で取り掛かろう!




by gsfc12 | 2019-05-12 19:13 | 公式戦 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 10日

6年生「U12FAリーグ兼第46回横浜市春季サッカー大会 2日目〜4日目」

4/285/5に開催された「U12FAリーグ兼第46回横浜市春季サッカー大会予選2日〜4日目」の結果を報告します。


〔日付〕

2日目 428日(日) 赤田東公園

3日目 53日(祝金) あざみ野西公園

4日目 55日(日) あざみ野西公園

〔試合〕8人制15分ハーフ

4/30開催分は雨天延期となりました。


()内アシスト

2日目

〈予選3試合〉

横浜GSFC  0-0  元石川SC


〈予選4試合〉

横浜GSFC  1-2  FCみたけ

得点:7′ケイト(ダイジ)


3日目

〈予選5試合〉

横浜GSFC  1-1  YTC.FC

得点:???


〈予選6試合〉

横浜GSFC  3-0  FC横浜アミザーデ

得点:10′ワタル(ケイト)14′ケイト、22′ジュンペイ(ケイト)


4日目

〈予選7試合〉

横浜GSFC  5-0  並木SC

得点:6′ヒュウラ?、10′ソウタ、13′ケイト、15′ワタル(ケイト)、???


〈予選8試合〉

横浜GSFC  3-0  上星川SC

得点:4′ワタル、25′ケイト、29′ケイト(ワタル)


会場幹事のあざみ野FCさま、お世話になりました。

対戦していただいた皆さま、ありがとうございました。


予選3試合目:攻撃力のあるチームでした。体を張ったDF陣と運で何とか無失点で試合終了。

予選4試合目:GSペースで進み、先制して勢いがつくかと思ったのですが、何をしたのかわからない・訳が分からないジャッジでFKから失点。その後も意味がわからないイエローカード。選手たちもサッカーが分かってきたので、頭の中は?マーク&不満顔。決定機を決めきれず、最後に失点。この結果が後々響きそうで怖い。

予選5試合目:良いサッカーをする相手チームだなーと感心。先に点が取れて良かったです(^^;;

GSペースだったのですが、疲れが出始めた後半途中から相手のパス回しに翻弄されてしまい、何度もピンチが続く。勉強になりました!

予選6試合目:相手チームは人数が揃わず7人(大会規定に基づき、不戦敗となりました)。GSの決定力の無さがハッキリとわかる試合でした。苦しい試合環境で危ない場面もありましたが、怪我無く無事に試合終了。

予選7試合目:やっと内容と結果が一致した試合でした!気を抜かず、最後まで闘ってくれました!

予選8試合目:結果を見れば3点ですが、とてもハラハラした試合でした。先制してからも相手の勢いが収まらずピンチが多かったです。同じ区内のチームで、良い試合が出来たと思います!


大人に苦しめられる選手はもう見たくないですね〜

「指導者は、選手の未来に触れている」を1番に思い、「他人の振り見て我が振り直せ」で自分を見つめ直し、「Prayers First」を忘れずに前を向きたいと思います!

チームとしては、反省点や改善点はまだまだ沢山あり、課題が山積みです。

アイディアやパスコースの種類が増えてきたので、考えたことを実現できる能力を高めたいと思います!


あと1日残し、431敗と苦しい状況です。

次回は2試合とも厳しい相手です。全力を尽くし頑張ります!


沢山応援ありがとうございました!

車出しのご協力ありがとうございました!

a0109316_15164688.jpeg
a0109316_15174526.jpeg
a0109316_15182058.jpeg


by gsfc12 | 2019-05-10 15:13 | 公式戦 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 05日

4年生 第46回横浜市春季大会予選

ご報告が遅くなりましたが、4年生市春季大会の予選結果を報告します。
予選会場幹事をしていただいた、市が尾・鉄・しらとり台様、各チーム皆様、大変お世話になりました。
ありがとうございました。

以下、大会予選結果です。
横浜市春季大会 U-10
15分ハーフ

4/14(日)予選1日目 鉄小学校
第1試合 VS 横浜SCつばさ 3(1-1)2
失点、Gセッキー、失点、GユウトAフウガ、GダイキAマサキ

第2試合 VS 大門FC 0(0-0)0


4/21(日)予選2日目 さつきが丘小学校
第3試合 VS 市が尾・鉄・しらとり台 4(1-0)0
Gマサキ、GダイキAヨッチ、Gセッキー、GダイキAマサキ

第4試合 VS FC80洋光台 5(1-1)1
Gルナ、失点、Gマサキ、Gナツル、GセッキーAフウガ、GユウトAセッキー


4/28(日) 予選3日目 鉄小学校
第5試合 VS FC南台 3(2-0)0
Gユウト、GセッキーAユウト、Gダイキ

第6試合 VS FC大豆戸B 0(0-1)5

以上 、予選全6試合4勝1分1敗で勝ち点13。
予選2位で決勝トーナメント進出となりました。
選手のみんな、お疲れ様でした。
ナイスプレー!
保護者の皆様、各予選日で選手達への応援ありがとうございました。

大会の総評としては、大会初戦の常に得点を先行される苦しいゲームを勝ち切ったり、苦しい時間帯をキーパーを含めた素晴らしい守備と集中力で守りきったりと、この大会にかける思いが伝わってきて、ベンチで感動していました。
得点パターンは裏へのスルーパスや個人突破、ミドルシュートなどの得点が多かったんですが、普段練習で取り組んでいる、チームとしての連動や3人目を意識したボールの受け方などは、あまり大会中には出せませんでした。
これについては緊張感のある試合でも練習の成果を発揮できるように選手達に練習で伝えきれなかった、私の責任です。
これから始まる決勝トーナメントまでの短い期間ではありますが、引き続き取り組んでいきたいと思います。

また、予選最終試合はすでに予選突破を決め、一位、二位での直接対決となり、勝てば一位、負ければ二位という事で、失うものは何もない!と選手達を送り出しました。
前半終了間際に失点し、0-1で折り返した事で2バックにして更に攻める気持ちを!と送り出しましたが、逆に2バックの間や、中盤と最終ラインの間を好きに使われる展開となってしまい大敗となってしまいました。。
フォーメーションもそうですが、それ以前に個人での打開力、中盤や後方からのビルドアップ、球際の強さなど、どれも相手チームが1つも2つもレベルが上でした。

決勝トーナメントでは、こういうチームと当たるんだ。
という良い経験にして欲しいです。

最後に、決勝トーナメント進出おめでとう!
大会終了後、次の日にはみんなが楽しみにしていたクラブハウスで決勝トーナメント進出祝いの祝勝会をやって、美味しいもの食べて飲んで、ゲームしてと、みんなの嬉しそうな笑顔を見れて嬉しかったです。
(大会前も大会中もそればっか言ってたもんな皆、、笑)

決勝トーナメントも頑張ろう!

a0109316_16004168.jpeg
赤ユニデビュー!
a0109316_15580772.jpeg
a0109316_16014619.jpeg




by gsfc12 | 2019-05-05 15:06 | 公式戦 | Trackback | Comments(0)