横浜GSFC U-12

hodogayags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 11月 03日 ( 2 )


2018年 11月 03日

4年生 練習試合 対バディーSC

a0109316_21282345.jpg
a0109316_21280459.jpg
a0109316_21274496.jpg
本日はバディーSCさんと、練習試合を行いました。

形式:8人制 15分×5
日付:11/3(土)
会場:日産追浜グランド
相手:バディーSC
0-3

1-3 得点者:げんき
0-2
0-2 
0-0

今週も練習試合。

「奪ってから、パス3本繋ごう」

をテーマにして、試合に臨みました。

守備はある程度通用する部分はある!

ここから積み上げていきたいのは、攻撃の部分。

奪ったボールを大切にする意識を共有することが、最初の目的となります。

大切にしたボールをゴールに届けるために、攻撃における唯一の目的の為の第一歩。

試合はというと、キックオフ後10秒でパスミスから失点。

1分後に、再度ミスから失点。

「試合開始直後は、まずシンプルにプレーする」

というチームの約束事は、皆の頭に入っているのだろうか?

マイボールから開始したキックオフ後に、意味もなく後ろにボールを下げ、

慌てて相手にパスして失点・・。

テーマだとか戦術だとかの問題じゃなくないか?

試合ごとに取り組んだテーマやチームとしての約束事などを、試合が終わるたびに忘れていては、成長など出来るはずがない。
更に気になったことは、ミスの後やボールを失った後に、

「あっ」、と言っては足を止め、

「ごめん」、と言っては思考を止める選手が多いこと。

「サッカーにミスはつきもので、大切なことはミスを減らす努力と、ミスを挽回する意欲だ」

と、何度も何度も伝えてきたつもりです。

仲間のミスは何も考えずに挽回してあげるくせに、自分のミスは引きずるその癖・・。

甘いんだよ!

本気で戦う選手は、成功して浮かれず、ミスして落ち込まないもの。

2本目からは、「あっ」「ごめん」禁止令を発令し、気持ちを切り替えようと送り出しました。

強豪相手に上手くいかないことは多く、ミスも当然劇的には減りませんでした。

それでもその部分に対しては繰り返さずに、頑張ってくれました。

春に30失点で大敗したチーム相手に、自分達の狙ったプレーで敵陣に侵入する回数も増えました。

コーチは、

「少しはやれるようなってきたなぁ」

と感じた練習試合でした。

対戦していただいたバディーSCの皆さん、ありがとうございました。

保護者の皆様、配車と応援、いつもありがとうございます。 



by gsfc12 | 2018-11-03 21:32 | 練習試合 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 03日

3年生 第76回あすなろ大会 U-10

10/28(日)PM
西富岡小学校
第76回あすなろ大会U-10 グループ6、2日目
8人制-15分ハーフ

大会3試合目
VS小山台SC 4(0-0)1
21分Gダイキ、23分Gマサキ、25分Gセッキー、29分GセッキーAマサキ、30分失点

4試合目
VS野庭キッカーズ 3(1-0)0
10分Gテル、22分Gセッキー、29分Gマサキ

グループ6 通算成績
2勝2敗、勝ち点6、得点8、失点9、得失差-1
5チーム中2位、決勝トーナメント進出


10/28(日)にあすなろ大会U-10グループ6の大会2日目を行いました。
結果としては、初日の2連敗グループ最下位から2日目は2連勝で得失点2差によるギリギリ2位での決勝トーナメント進出となりました。
ひとまず、グループステージ全4戦お疲れ様でした。

この日の試合の振り返りとしては、まず試合の入り方が初日と比べ、良く集中できていました。
相手に自由を与えない守備を前線からピッチにいる全選手がしていましたし自分達のボールにしよう、奪ってゴールを目指そう、という気持ちを感じました。
得点シーンも最近の特徴でもあった、アシスト者がいてのしっかりとシュートシーンを作り出した得点は少なく、前から奪ったボールをそのままゴールにしたり、セカンドボールを直接シュートといった泥臭いというか、気持ちの感じられるゴールが多かったです。
正直言って、1、2点ラッキーな形?のゴールもありましたがシュートは打たなきゃ入らない!
前目で出場するどの選手にも最近、口酸っぱく言ってるシュート5本の意識をこの場面でも発揮してくれたからこそ得失点差で上回って通過を決める事が出来たのではないでしょうか。
また、キーパーを含めたディフェンス陣の頑張りも本当に素晴らしかった!
キーパーの後ろまでカバーしてヘディングでクリアしてくれた場面もあり、すごい集中力を見せてくれました。
選手のみんなナイスプレー!

と、ここまでは良かったところばかりを挙げましたが、まだまだやらなきゃいけない事はたくさんあるし、大会を通して課題もたくさん見つかりました。
こういった白熱したプレッシャーのかかる試合の中でこそ、ボールの止める蹴るや、ルックアップ、ハイボールの処理といった基本的なところの突き詰め方が大事だと言う事。
そういった事を普段の練習から選手達自身が意識して取り組み、自分達の当たり前のベースを上げていかないと本当の意味での自信はプレーに持てないし、大会初日や、公式戦に不安を抱えてしまいます。
この試合結果を書いている今日の練習から早速、選手達にアプローチしていきたいと思います。

会場幹事の富岡SC様
対戦いただいた各チーム皆様
大会期間中、大変お世話になりました。
今後とも宜しくお願い致します。

各コーチ、保護者の皆様
グループ戦2日間、チームサポートと応援ありがとうございました。
お疲れ様でした。
a0109316_08052128.jpeg
a0109316_08053273.jpeg
↑円陣がラグビーのスクラムみたいになっちゃってますけど、、気合い?入ってました笑
a0109316_08063494.jpeg




by gsfc12 | 2018-11-03 07:15 | 公式戦 | Trackback | Comments(0)