横浜GSFC U-12

hodogayags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 08月 11日

夏合宿報告 第9回 尾瀬花咲ジュニアフェスティバル 4,5年生大会 チームS

7月27日(土)~7月29日(月)に行われました夏合宿、4,5年生大会 チームSの活動報告です。

4,5年生 横浜GSフットボールクラブS
担当コーチ 秋山
メンバー セイハ、ケイゴ、ハルト、ヒロキ、ケイト、アサト、マサキ、ユウト、ケンヤ、フウガ、ナツル、セッキー


到着日初日の最初の試合は選手たちに任せる形をとりました。
この1試合を、ピッチ内外でのそれぞれの子の特徴・性格、現状持っている力の観察に徹し、3日間で選手たちに何を得て持って帰ってもらうか見極める試合と位置付けました。

ポジションについても口出しはしませんでしたが、いつもやっている自身のあるポジションをやる子もいればいつもとは違う「やってみたい」ポジションをやる子もいました。

こちらからの設定は2つ(合宿の時はいつもなのですが)。
良いプレーを褒めよう!
失敗したらドンマイと言って励まそう!

勝つために何かをするのではなくて良いプレーをした結果で勝とうね、と約束しました。
成長して帰ってもらうために失敗を恐れずチャレンジして欲しいという願いをこめて。

■初日(予選1試合、FM2試合)
予選第1試合 vs伊勢崎SFC
スコア 0-5

初戦は結果的に0-5で終わり、俯瞰していましたがほとんどチームとして個人として良いところは出せていなかったと思いました。
もちろん、即興で集まった選手たちそれぞれが色々な思惑を持ってバラバラの目的を持ってやって上手くいくほど簡単ではないのですが、正直想像していたよりもそれぞれのプレーは良くなかったです。

試合が終わって「新しいポジションを少し出来るようになって帰るか、それともいつもやっているポジションをやってパワーアップして帰りたいかどっち?」と聞くと、「パワーアップして帰りたい」というので本来のポジションをやる中で新しいものを身に付けて帰ってもらおうと考えました。

1試合目を見た中で3日間で伝えたいことも明確になったので初戦が終わった後の時間で別グランドへ移動して練習を行いました。

試合で起きていたことを攻守にわたって挙げると、

【攻撃】
ボールがつながらず、つながっても判断が出来ていない状態でそこでボールを失ってしまう。
ほとんどの選手が攻める方のゴールに背を向けて、ボールだけしか見ていない状況でプレーしていた。

【守備】
ほとんどボールだけを見てプレーをしていた。
フォーメーションは1-2-3-2でしたが、バックの2人がピッチの右と左に離れていて互いをカバーできない状態がほとんどで危険になってから守備を考え始める(守備をしようとする)。
かつ、ボールだけを追ってしまうので見えていない(自分の気付いていない)相手にパスが出てからそれに対応する状況が続くなど、予測や基本的な守備の準備が出来ていなかった。

改善点が攻守ともに同じだったのは幸いでした。

練習したテーマは『ボールと相手の同一視』です。



攻撃はまず目的が「ボールを受けること(触ること)」ではなくて「ゴールを決めること」だということを伝え、ゴールをするためにはどうしているのが良いのかを考えてもらいました。
「前を向いていた方がいい」、「相手は見えている方がいい」、「ボール(パスの出し手)も見てている方がいい」ということに気付いてもらい、『相手とボールが(できればゴールも)一緒に見れるように』ということを意識してもらいたいと伝えました。

守備は「ボールを奪うこと・ゴールを守ること」が目的だと伝え、ボールだけを見ていても、相手だけを見ていても奪えない守れないということに気付いてもらい、こちらも『相手とボールが一緒に見れるように』ということを意識してもらいたいと伝えました。

30分ほどの短い練習でしたが、最初の試合で大敗したのが逆に良かったのかしっかり話を聞いて取り組んでくれました。
合わせて攻撃の部分ではボールを受ける動きの中での駆け引き(予備動作、ウソの動き)とパスをつなぐために考えること(味方に届いて敵の届かないところにパスをする)を伝えてフレンドリーマッチ(以下、FM)に臨みました。


FM vsPOMBA立川ホワイト
スコア 1-2 得点:アサト

練習でやったことはしっかりとこの試合から意識してくれました。
アサトが先制点を奪ってくれましたが、初戦ではほとんど攻撃の形が作れなかったので早い段階で1点を奪ってみんなに上手くいったと思ってもらえてほっとしました。
守備は常に準備を、頭を回転し続けなければならないのでまだそこまでには至らず。
しかし試合中に声掛けをすると、理解はしている反応は示してくれました。


FM vsGSFC G
スコア 5-3 得点:フウガ、ユウト×2、ケイト、ケイゴ-Aアサト(-A○○○はアシスト)

想像以上に元気だったので予定にはなかったFMを追加で行いました。
相手は2連勝しているライバルGSFC Gチーム。
ここは負けられない...なんていう煽り方はもちろんせず、練習でやったことをやってみようと言って送り出しました。
テーマが出来たことで、「とりあえずこれはやろう」というものが生まれプレーも段々と整理されていきました。
ボールと相手、ボールとゴール、相手とゴールということが少しずつ意識され、攻撃の形も段々と作れてきました。
守備の部分でもボールを奪うことが出来始め、DF同士が離れずカバーリングできる回数も増えていきました。
好調のライバルに勝利できたことで明日の予選に良い状態で向かえるかなと思っていましたが果たして...。


■2日目
予選第2試合 vs東松山北ブルー
スコア 3-0 得点:セッキー-Aヒロキ、セイハ、アサト-Aセッキー

予選第3試合 vsPOMBA立川パープル
スコア 3-0 得点:フウガ-Aケイゴ、セッキー、セッキー

2日目から参戦のセッキーの大活躍もあって快勝。
攻守に渡って良い状態になってきました。

FM vs松山北ホワイト
スコア 0-4

FM vsライフネット
スコア 1-4 得点:セッキー-Aフウガ

FMは連敗となりましたが、プレーの質は高まってきているのは感じました。
ガス抜きにもう一度希望のポジションをやってもらい、FMの2試合目は明日の決勝トーナメントに向けたフォーメーションでということで準備しました。
初戦0-5とスタートは良くありませんでしたが、だんだんと結果にもつながって気持ちも上向きで決勝トーナメントに進めました。


■3日目
決勝トーナメント1回戦 vsリガールU11
スコア 0-7

前日GSFC Gと激闘を繰り広げた相手。
その試合をみんなで観戦してたのもあり、気持ち的にどうかな...と思っていましたが最後まで前向きに恥ずかしくない試合をしてくれました。
全員が5年生でしかも速くて強い相手で4年生はどうしてもフィジカル的に攻略されてしまう場面が多かったですが、逃げずに怖がらずに戦ってくれました。
それに対して6年生も文句も言わずひたむきにプレーしてくれました。
大敗してしまいましたが、後に引きずるような負け方でなかったのは素晴らしかったです。

3位決定戦 vs横浜GSFC G
スコア 0-1

合宿最後の試合は3位決定戦でライバルと戦うことになりました。

残念ながら負けてしまいましたが本当に良いサッカーをしてくれました。
合宿初日とは比べ物にならないくらい。
ボールも奪えるようになって、パスもつながるようになって、ゴールに迫る回数もめちゃくちゃ増えて...ただこの試合は1点が入らなかった。
こちらの決定機は何度もあったけど、相手にはワンチャンスで決め切られてしまいました。

仲間たちに負けて泣いて、悔しかった。
けど間違いなく良いプレーが出来ていたし、また練習すれば今回みたいにこれからもっともっと上手くなれる。
合宿で身に付けたものをまたこれから発揮してみて下さい。

コーチも3日間楽しかったです、ありがとうございました!

最後にひとりひとりに簡単にですがコメントしていきます。


セイハ GKやDFをやってもらい、さらに3日間キャプテンとしてチームをまとめてくれました。技術も体力も理解力もメンタルも備えたグッドプレイヤーでした。セイハは何でも出来る、けど何が自分の一番いいところ?と聞かれたら何と答えるだろう。器用で何でも出来るだけにこれから特徴が出てくるとさらに面白いなと思いました。DFをすることが多いと思いますが、奪ってから何をするか考える傾向があるので奪う前から攻撃のことを考えれるともう一段良いプレイヤーになれるのかなと思いました。

ケイゴ GKとFWで出場してもらいました。平日練習でリフティングが上手くなったなーと思っていましたが、ボール扱いがとても向上していてプレーの安定感がとても増していました。スピードもついてきてDFでももちろんですがFWでも面白いなと思うプレーがたくさんありました。合宿中にも意識してくれていましたが、体の向きや視野の取り方を常に意識すればもっとゴールが増えると思います。

ハルト 左MFで主に出場してもらいました。ボールを持った時に判断を変えられるようになったのは平日練習でも見ていて分かっていてとても良いなと思っていました。合宿では守備も頑張っていましたが、それよりもスペースに飛び出すプレーにもチャレンジするようになってくれました。判断を変えられるというのは大人のサッカーでも難しく、かつ大事なことでとても素晴らしい技術です。その技術を大事にしながら、MFをするならばアシストでも良いのでゴールのチャンスを作れるように、スペースに飛び出したりゴールに迫るプレーに引き続きチャレンジして下さいね。

ヒロキ 右MFで主に出場してもらいました。この合宿でとても伸びた選手のひとりだと思っています。フラフラしながらも必死にボールを追いかける頑張り屋さん。その頑張り具合が攻撃面では頑張りすぎとなり力みすぎて良いプレーにはつながっていませんでした。でも、この合宿でやろうと提案したことをしっかりとやってくれて周りの状況を頭に入れて見れるようになって来てからはパスもどんどんつながるようになってきました。最後の試合では「もっと出たい」と自分から言って来てくれるようになって自信もつけてくれたのかそれもうれしかったです。リフティングやパスやトラップなどの基礎技術をもう少し向上させるともっと安定したプレーが出来るようになると思うのでがんばって練習してみて下さい。

ケイト セントラルMFで出場してもらいました。SチームのMVPに選びましたが、ほぼ毎試合フル出場させてしまい休ませたかったのですがそれが出来なかったくらいのパフォーマンスを見せてくれました。最終日は少し弱さを見せましたが、結局最後までやり抜きましたね。今までの印象にないくらい闘えるようになっていたことは驚きで、ウィークポイントを無くそうと必死にやってきたんだなと思いました。ただやはり武器はボール扱いと、奪われない技術。これを生かすにはもっと「ゴールを考えること」が必要だと思います。捌いたりは出来るようなので、ゴールを奪う/ゴールを奪うチャンスを作ることが出来るともっと怖いプレイヤーになれると思います。まずゴールを見て逆算してプレーすることにトライしてみて下さい。

アサト 平日練習でもまだ数回しかプレーは見たことがなかったですが、高い技術と感覚を持っているなと思っていました。みんなに比べればまだゲームにも慣れていない状態だったと思いますが、怖がることなくプレーしていました。いろいろなポジションの経験もまだ少ないと思ったのでアサトに限っては敢えてFWとDFの両極端のポジションをやってもらいました。互いのポジションをやって「どんなことをされたら嫌なのか」を知って欲しかったのもありますが、アサトには単純に色々なポジションを経験してサッカーを楽しんで欲しかったです。今回合宿で伝えたのはサッカーの基本なので忘れず大事にしてこれからのプレーに生かして下さいね。

マサキ 左MFで出場してもらいました。ボール扱いの上手さや相手の予想にないドリブル(ルーレット)などで要所で上級生相手にも通用する場面がありました。だたフィジカル的に押されて力を発揮出来ない場面も多々ありました。マサキはおそらく同年代の子たちとサッカーをするとフィジカル的なアドバンテージが大きいかなと思います。それもあってかボールを受けてから考えることが多く、ボールロストする場面がありました。見ること、前もって判断することを身に付けたらまたそのボール扱いの上手さとフィジカルとが生きてもっと良いプレーが出来ると思います。

ユウト 合宿中最も悩んでいたプレイヤーのひとりかな。主に右MFで出場してもらいました。ユウト本来の爆発力のある思い切りの良いプレーがなかなか見られず、自分でも「難しぃ...。」と嘆いていました。ただボールをもらう準備(体の向きや同一視)は合宿中に改善出来ていき、最終日のGS Gとの試合では思い切りの良い飛び出しからスルーパスを呼び込みGKとの1vs1を作りました。ゴールを奪う力に長けていると思うので、相手との駆け引き(ウソの動き)などを覚えて、どん欲にゴールを狙い続けたら良いと思います。

ケンヤ DFで出場しました。低学年から見てきたケンヤもしっかりと成長していました。相手を怖がることもあまりなく、ボールを奪うことも出来ていました。なにより奪った後のパスの精度が素晴らしく、フリーの味方にバンバンパスを通していました。試合中ちょっと集中を切らすことが多いので、カバーリングの意識を忘れずにやればまたボールを奪える回数も増えて自分の良さのパスが生きるのでチャレンジしてみて下さいね。

フウガ 最初はDFでしたが、途中からFWをやってもらいました。まさにザ・感覚派というプレイヤーで相手の想像にないプレーが多く良いアクセントになっていました。GS Gとの試合ではセンタリングをダイレクトシュートしてゴールを奪うなど(これも驚きのプレーでしたが)思い切りのよさもFWに合っているのかなと思いました。ただそのあとそれに味を占めて何でもかんでもダイレクトで打つようになってしまい...でも「中を見てシュートを打った方が良いと判断してるのならいいと思うよ」とアドバイスするとライフネットとのFMではサイドからゴール前をしっかりと確認してフリーのセッキーに素晴らしいアシストをしました。持っている感覚は面白いのでリフティングやトラップ、シュートなどの基礎技術を向上させて判断してプレー出来るともっと活躍できると思います。

ナツル 個人的に合宿一番の驚きはナツル。DFでの出場でしたが、走れる・奪える・狙えるとDFに必要なスキルを高いレベルで持っているなーと感心しました。上級生相手にも難なく通用し、怖がることもありませんでした。また1vs1などには強い反面、カバーリングなどの意識は薄かったのですが少しづつ改善してくれました。あとはパスの精度、というか出しどころを向上させれば弱点は無くなるのではと思います。めちゃくちゃボールを奪ってくれるんだけど、奪ったボールをめちゃくちゃ相手にパスをしてました。ボールを奪う回数が多いだけになおさら(笑)。キックのフォームなどは問題ないと思うので、合宿中に言った「味方に届いて敵の届かないところ」にパスをすることを心がけてみて下さい。

セッキー 2日目に来てくれてめっちゃ助かりました!サッカーを良く観ているのか時折大人のようなプレーをすることがあります。それが何となくではなくて、何度も再現出来るプレーになったら素晴らしいと思います。技術的に優れているので判断を変えたり、相手に取られないようにプレーできますがもっともっと良い選択肢を持つことも出来ると思います。今は感覚でプレーしている部分が多いと思いますが、しっかり味方・相手・ボールそしてスペースを「事前に見て」プレーすることが出来るようになるとさらに面白いプレーや相手の逆をつくプレーが出来ると思います。

最後に、写真を載せていきます。※後日
改めまして3日間ありがとうございました!

a0109316_14193148.jpg
a0109316_14203453.jpg
a0109316_14200196.jpg
a0109316_14210059.jpg
a0109316_14224333.jpg
a0109316_14212227.jpg
a0109316_14214890.jpg
a0109316_14222728.jpg
a0109316_14230952.jpg
a0109316_14234530.jpg
a0109316_14235649.jpg
a0109316_14244222.jpg
a0109316_14245888.jpg
a0109316_14252263.jpg
a0109316_14253779.jpg
a0109316_14260065.jpg
a0109316_14265982.jpg
a0109316_14271348.jpg
a0109316_14272570.jpg
a0109316_14285703.jpg
a0109316_14291067.jpg
a0109316_14292040.jpg
a0109316_14274296.jpg
a0109316_14275437.jpg
a0109316_14280552.jpg


by gsfc12 | 2019-08-11 04:28 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hodogayags.exblog.jp/tb/239471630
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 5年生 フットサル練習試合 対...      夏合宿報告 U-12 尾瀬花咲... >>