横浜GSFC U-12

hodogayags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 06月 23日

5年生 あすなろ大会 準決勝・決勝

a0109316_22465234.jpg
a0109316_22463904.jpg
a0109316_22462211.jpg
a0109316_22455767.jpg


あすなろ大会を、戦いました。


形式: 8人制 15分ハーフ
日付:6/23(日) 
時間:15時~18
会場:能見台グランド


杉田臨海緑地での決勝トーナメントの戦いから一ヶ月が過ぎ、準決勝を迎えました。
こちらから伝えたことは、
「勝っても負けても、試合後の挨拶をしっかりとしよう」
ぬかるんだグランドの水たまりを消してくれた大人の協力や、対戦してくれるチームに対して、礼儀を尽くして大会を終える!


準決勝:六浦少年SC
結果:1-0 得点者:はる
前線に技術のある選手が3人並んだチームであることを伝え、うちの2バックでどう対応するかを確認して送り出しました。
試合開始直後から相手の脅威になったケンタロウのプレスが効き、勢いが消えないうちに先制点を奪いました。
その後も守備での約束事が機能し、最少得点差ではあるものの、危なげなく前半を終えました。
後半に向けて、
1-0で十分。 今のままで大丈夫。 焦らずに、追加点が入ればベスト」
と伝えて送り出しました。
トーナメント戦で同点(逆転)を目指して気迫を前面に出してくる相手に、「今のままで」と伝えた私の甘さが選手に伝わってしまい、前線から積極的に仕掛けたプレスのラインが下がり、押し込まれる展開が続きました。
終盤に大ピンチを迎えましたが、なんとか逃げ切り・・。
前後半で、まるで別のチームになってしまいました。


決勝:富岡SC
結果:0-3
予選リーグで敗れた相手への雪辱戦を前に、どう挑むか。
地力で上回られる相手に、変化をつけていくのか。
ここまでのスタイルで、正面からぶつかるのか。
自分達の納得のいく戦い方を選択する権利を与えました。
相手の良さを消すこともサッカー、自分達の良さを出すこともサッカー。
そのどちらも必要な事ではありますが、割り切った戦い方が有効なこともある。(私は、こっち派)
選手達は、
「自分達のスタイルで戦う」
という覚悟を決めました。
前半に先制を許したものの、拮抗した良い内容で折り返し。
観ていて楽しいゲーム!
後半に向けてピッチを広く使うことを伝えて送り出しました。
覚悟はしていたものの、攻めては跳ね返されて強烈なカウンターを浴び、力の差を見せつけられての準優勝となりました。


優勝した富岡SCさんとの戦いで感じたことは、「予測する力」。
どこにボールが出てくるのかを予測して動き出せる選手達が多く、守備では先回りされてチャンスの芽を摘まれ、攻撃では明確な意図を感じるプレーを見せつけられました。


試合後は涙を流しながらも、きちんと挨拶を終えて戻ってきてくれました。
1試合1試合、最後まで全力で戦う」
自分達で決めた大会目標に対しては、上手く戦えた試合もあり、難しい展開の試合もありました。
試合内容や結果ではなく、「全力」という部分に関しては、まだまだ甘いのではないかと感じた大会でした。
その甘さを消していくために、この大会で表現出来た全力を、普段の練習で、普段の生活で、出せるかどうか。
届かなかった場所に到達するために、また一緒に進もう。
きっとこの先も、何度も悔しい思いをするだろう。
何度転んでも、そのたびに一緒に立ち上がろう。
何度倒れても、歯を食いしばって立ち上がっていこう。
サッカーも人生も、大切なことは一緒。(だと思う)


対戦していただいた六浦少年・富岡SC皆さん、ありがとうございました。
富岡SCの皆さん、大変な会場整備をしていただき、ありがとうございました。
保護者の皆様、配車と応援ありがとうございました。

選手のみんな、また勝たせてあげられなくてごめん。
あすなろ大会の最高順位獲得、本当におめでとう。



by gsfc12 | 2019-06-23 22:53 | 公式戦 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hodogayags.exblog.jp/tb/239329010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 6/29(土) 5年生 練習試合      5年生 6月22日(土) ルー... >>