横浜GSFC U-12

hodogayags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 05月 12日

5年生 あすなろ大会 決勝トーナメント

a0109316_19021362.jpg
a0109316_19015882.jpg
a0109316_19014147.jpg


あすなろ大会、決勝トーナメントを戦いました。


形式: 8人制 15分ハーフ(2試合)
日付:5/12(日) 
時間:950分~13
会場:杉田臨海緑地


一回戦:藤の木SC-A4-0 得点者:はる×3、けんたろう)
相手のFWにサイズのある選手がいたため、守備の対応を再確認して臨みました。
試合開始早々から決定的なチャンスを作り出しましたが、またしてもそのチャンスで先制点を奪うことが出来ませんでした。
予選リーグから浮き彫りになっているこの課題を、昨日の練習試合でも引きずり、今日もスタートから同じ状況にしてしまいました。
前半のうちに先制することに成功しましたが、ハーフタイムに「得点を奪うこと、失点を防ぐこと」への覚悟を持たせました。
FWには、「何度外しても、次もあいつにシュートを打たせよう」
と守備陣が奮い立てるようなシュートを打って欲しいと伝えました。
軽い気持ちで外したシュートを、守備の選手は感じ取ります。
気持ちを込めて外したシュートは、守備の選手を奮い立たせます。
味方が奮い立つシュートを打ってるか?
と攻撃陣に問いかけました。
守備陣は攻撃陣を支え、攻撃陣は守備陣を守る。
そんな戦い方を目指そう。


二回戦:品濃ウイングス(4-0 得点者:けんたろう×3、はる)
一回戦のハーフタイムで確認したことを、試合開始前に再確認。
得点を奪い、失点を防ぐことへの覚悟を持たせ、その手段を伝えて送り出しました。
守備では個の力のある相手に対して、狙い通りの対応を徹底してくれました。
攻撃は前から圧力をかけ続け、シュートを外しても前進を止めることはありませんでした。
全員守備全員攻撃が当たり前の現代サッカーの中で、守備と攻撃を分けることは難しい部分もありますが、この試合は守備陣が攻撃陣を支え、攻撃陣で守備陣を守り切った試合でした。


対戦していただいた藤の木SC・品濃ウイングスの皆さん、ありがとうございました。
運営して頂いたFC杉田の皆さん、ありがとうございました。


保護者の皆様、配車と応援ありがとうございました。


1試合1試合、全力で戦う」
この大会目標を、二回戦で初めて表現することが出来たように感じます。
その一番の要因は、先取点を奪えたこと。
それも早い時間帯で。
サッカーにおいて、得点とは皆が持てる力を思い切り引き出してくれる薬です。
サッカーにおいて、失点とは全力を出す活力を奪う引き金になるものです。
だからこそ、得点を奪うこと失点を防ぐことに、強い覚悟を持っていこう。
軽い気持ちで挙げた得点は、それを守る気持ちも軽いものだろう。
全てをかけて奪った得点は、それを守る気持ちも重く強いものになる。


今日勝利は、素晴らしいものでした。
次は相手も会場も天気も体調も、何もかも違う新しいチャレンジです。
しっかりと今日の勝利を忘れ、次への準備に全力で取り掛かろう!




by gsfc12 | 2019-05-12 19:13 | 公式戦 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hodogayags.exblog.jp/tb/239261555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 6年生 U12FAリーグ兼第4...      5年生 練習試合 対FC本郷-... >>