横浜GSFC U-12

hodogayags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 02月 23日

4年生 早園FCフットサル大会 

a0109316_20401163.jpg
a0109316_20400029.jpg
a0109316_20394565.jpg
a0109316_20392424.jpg
a0109316_20385474.jpg

a0109316_20382429.jpg

本日は、早園FCフットサル大会に参加しました。


形式: 7人制 12分ハーフ
日付:2/23(土) 
時間:9時半~16時半
会場: 早園小学校


結果:優勝

予選リーグDブロック
対シリウスS3-0)勝利 得点者:ゆうせい、ごう、しば
KAZU SC3-1)勝利 得点者:はる、ごう、しりゅう
2連勝で、Dブロック首位通過。


決勝トーナメント
一回戦
対二ツ橋SC4-1)勝利 得点者:たすく×2、ゆうせい、しりゅう
準決勝
FC大和(2-1)勝利 得点者:ごう、ゆうせい
決勝
FC本郷(1-1PK戦(2-1)勝利 得点者:けんたろう


初戦を前に伝えたことは、「参加する限り、優勝あるのみ」と簡潔に。
選手達も私と過ごしてきた中で、「もう分かってますけど・・」といった感じ。
通常より小さいフットサルゴールと、フットサルコートより広く、サッカーコートよりも狭い独特なピッチサイズ。
様々な会場で試合を重ねてきた中で、ピッチサイズへの順応が苦手な選手達に、今日のサイズ感を明確に伝えました。


1試合目のテーマは、「ぼんぼこシュートを打っていこう」
小さいゴールにビビることなく、打ちまくって打破することが狙いでした。
明確になった狙いを、先頭に立って表現してくれた、はるの活躍で3得点での勝利。
はる自身の得点は生まれなかったものの、チームとしての狙いをよく表現し、他の選手にもシュートに対しての意欲を伝えてくれたように感じました。


2試合目のテーマは、「シュートチャンスを迎えた味方に対して、最後までサポートしよう」
小さなゴールに単発のシュートを入れることは難しいと感じた1試合目の教訓を生かし、横にフリーで走り込む選手に対して、ワンタッチで流し込めるような状況を作ることや、こぼれ球への詰めの徹底が狙いになりました。
フリーになっている選手を見つけ、より確実なプレーで得点を重ねていく。
1試合目とは真逆のテーマを用意し、3-1での勝利。


決勝トーナメント1回戦。
味方を活かす効果的なパスが出たことで、このピッチサイズでは有効な作戦になると判断し、2試合目と同じテーマで臨みました。
伸び伸びとプレーし、危なげなく勝利。


準決勝
タイトルを意識し始めたなかで、ビビり始めます。
選手間の距離が近くなり、サイドへの効果的なパスが出ません。
両サイドの選手にタッチラインまで目一杯開くように指示を出しましたが、効果的な修正が出来ませんでした。
FKからの力技で、勝ち越して、危ないながらも勝利。


決勝
相手に際立った選手がいることで、少しポジションを入れ替えて挑みました。
相手のキーマンは上手く抑えていけそうな感じはあったものの、全体的なバランスが大きく崩れている印象。
そのうえ現時点でのチーム力の差もあり、押し込まれる展開が続きました。
コーチの小細工が、皆のプレーを窮屈にしてしまったね・・。 
強烈なFKを叩き込まれ、先制されます。
後に確認したところ、
「触れそうだったけど触らなかったDFと、DFが触ると思った人任せなGK
そうやって無責任が重なると、失点することになるんだ!!!
しかし前半のうちに同点に追い付きます。
ゴール前で横パスを2本繋ぎ、ケンタロウが丁寧に流し込みました。
今日の狙いであったサポートがあって、生まれたように思えます。
後半も展開は変わらず、押し込まれます。
数少ないチャンスもとゴールには繋がらず、しかし数多く作られるピンチに対しては、全員で食らい付いて食い止め続けました。
PK戦では
「外さない男」の左足は健在で、
「よく外す男」の右足が火を噴き、
相手の3本のシュート全てに反応したげんきが、2本をストップ。
二週連続優勝を達成しました。
私の作戦ミスを乗り越えて、勝利を掴んでくれました。 ありがとう。


大会を通じて、チームとしての狙いを表現することが出来ました。
自分がやりたいプレーだけでは、チームのためのプレーにならないこともある。
そういう部分を理解して、自分を押し殺すことも必要。
そういう部分を理解して、コーチの指示を無視して自分を表現する場面も必要。
必要なプレーを自分で判断し、サッカーを楽しんでいこう。


チーム選出優秀選手:角田弦輝
自分のミスでピンチを招くことも多く、自作自演のファインプレーもありました・・。
DFへの指示が甘く、ピンチを招くこともありました。
それでも試合中に奇跡的な反応でシュートをはじき出し、PK2本止めました。
選出しないわけにもいかない、大活躍がありました。


今週も全て違うチームとの12分ハーフ5試合という、贅沢な大会でした。
出場時間は平等とはいかないものの、今週も全員出場。
選手の皆さん、保護者の皆さん、本当におめでとうございます。


対戦していただいたチームの皆さん、ありがとうございました。
主催していただいた早園FCの皆さん、素晴らしい大会にお招きいただき、ありがとうございました。
保護者の皆様、配車と応援と差し入れ、ありがとうございました。


明日もタイトルマッチ。
1年間取り組んできたオーシャンズリーグの最終戦。
スポット参戦の大会では得られない、格別な思いもそこにはあります。
2月のタイトルマッチ3連戦、3連勝で締めくくろう!




by gsfc12 | 2019-02-23 20:47 | 招待杯 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hodogayags.exblog.jp/tb/239121263
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 6年生 EMSC卒団記念 前川カップ      6年生 六ツ川卒団カップ >>