横浜GSFC U-12

hodogayags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 11月 03日

4年生 練習試合 対バディーSC

a0109316_21282345.jpg
a0109316_21280459.jpg
a0109316_21274496.jpg
本日はバディーSCさんと、練習試合を行いました。

形式:8人制 15分×5
日付:11/3(土)
会場:日産追浜グランド
相手:バディーSC
0-3

1-3 得点者:げんき
0-2
0-2 
0-0

今週も練習試合。

「奪ってから、パス3本繋ごう」

をテーマにして、試合に臨みました。

守備はある程度通用する部分はある!

ここから積み上げていきたいのは、攻撃の部分。

奪ったボールを大切にする意識を共有することが、最初の目的となります。

大切にしたボールをゴールに届けるために、攻撃における唯一の目的の為の第一歩。

試合はというと、キックオフ後10秒でパスミスから失点。

1分後に、再度ミスから失点。

「試合開始直後は、まずシンプルにプレーする」

というチームの約束事は、皆の頭に入っているのだろうか?

マイボールから開始したキックオフ後に、意味もなく後ろにボールを下げ、

慌てて相手にパスして失点・・。

テーマだとか戦術だとかの問題じゃなくないか?

試合ごとに取り組んだテーマやチームとしての約束事などを、試合が終わるたびに忘れていては、成長など出来るはずがない。
更に気になったことは、ミスの後やボールを失った後に、

「あっ」、と言っては足を止め、

「ごめん」、と言っては思考を止める選手が多いこと。

「サッカーにミスはつきもので、大切なことはミスを減らす努力と、ミスを挽回する意欲だ」

と、何度も何度も伝えてきたつもりです。

仲間のミスは何も考えずに挽回してあげるくせに、自分のミスは引きずるその癖・・。

甘いんだよ!

本気で戦う選手は、成功して浮かれず、ミスして落ち込まないもの。

2本目からは、「あっ」「ごめん」禁止令を発令し、気持ちを切り替えようと送り出しました。

強豪相手に上手くいかないことは多く、ミスも当然劇的には減りませんでした。

それでもその部分に対しては繰り返さずに、頑張ってくれました。

春に30失点で大敗したチーム相手に、自分達の狙ったプレーで敵陣に侵入する回数も増えました。

コーチは、

「少しはやれるようなってきたなぁ」

と感じた練習試合でした。

対戦していただいたバディーSCの皆さん、ありがとうございました。

保護者の皆様、配車と応援、いつもありがとうございます。 



by gsfc12 | 2018-11-03 21:32 | 練習試合 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hodogayags.exblog.jp/tb/238840271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 6年の練習試合      3年生 第76回あすなろ大会 ... >>