横浜GSFC U-12

hodogayags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 06月 18日

6/24(日) 4年生 練習試合 対さぎぬまSC

日時:平成30年6月17日(日) 17時~19時
会場:新横浜公園第2運動広場
相手:さぎぬまSC(練習試合) 15分×5本 & PK戦

★本日の試合結果★
【1本目】
横浜GSFC 2 - 1 さぎぬまSC
得点:4分ゴウ、5分ケンタロウ
【2本目】
横浜GSFC 0 - 2 さぎぬまSC 
【3本目】
横浜GSFC 0 - 2 さぎぬまSC
【4本目】
横浜GSFC 1 - 2 さぎぬまSC
得点:4分シリュウ
【5本目】
横浜GSFC 1 - 3 さぎぬまSC
得点:12分ゴウ
a0109316_18095148.jpg
a0109316_18101551.jpg
a0109316_18105217.jpg
昨日のバディSCとの練習試合に続き、本日もテーマは「2バックへの挑戦」。2-3-2のシステムで試合に臨みました。
今日は、対戦相手のさぎぬまSCさんにとっても、来週から始まる川崎市大会決勝トーナメント前の大切な練習試合。
試合前に、以下の点を伝えピッチに送り出しました。

1.練習試合だという気持ちは捨てて、今持っているすべての力を出し切り、本気で勝ちに行くこと。
2.2トップの2人はお互いの距離を意識しながらプレーすること。また、前線からしっかりと、相手にプレッシャーをかけ続けること。
3.2バックの2人もお互いの距離を意識しながらプレーすること。また、人数が足りない場合は、中盤の選手に声を掛け、守備の人数を充足すること。
4.中盤の選手は自分の背後も意識し、守備の人数が足りない場合はしっかりとディフェンスラインまで落ちてくること。

迎えた1本目、技術で上回るさぎぬまSCさんに怯むことなく、前線からしっかりとプレッシャーを掛け、4分・5分と立て続けに得点。その後1点を返されたものの、「前線からのプレッシャー」、「中盤の上下運動」、「ディフェンスの集中力」どれも切れることなく勝利。
2バックも強豪相手に通用する、そう思ったのはコーチの早合点。2本目以降は、前線からのプレッシャーも甘く、中盤の選手が前に引っ張り出され、後方の空いたサイドスペースをうまく突かれて4連敗。でも、強豪相手に4得点できたことは大きな収穫。サッカーには色々な戦い方がある、受身だけではないサッカー、そこには当然リスクも伴うが、リスクと向き合い、それを乗り越えていくことがみんなの成長につながる。
これからも自身の成長のため、本気でサッカーと向き合っていこう。

本日対戦いただきました、さぎぬまSCさんありがとうございました。川崎市大会の決勝トーナメント頑張ってください。
保護者の皆様、応援・送迎といつもありがとうございます。


by gsfc12 | 2018-06-18 18:03 | 練習試合 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hodogayags.exblog.jp/tb/238608073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< KANAGAWA ROOKIE...      5年生 練習試合 vs大豆戸FC >>