横浜GSFC U-12

hodogayags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 02月 11日

3年生 練習試合 対SCH.FC

2/10(土) 
清水が丘公園にSCH.FCさんをお招きして、練習試合を行いました。
神奈川県で常に上位進出しているSCH.FCさんを相手に、何が出来るのか!
この学年がスタートして、一番の強敵との対戦に皆興奮していたね。
今日のテーマは、
「広いグランドで、離れすぎないこと」
前回の関谷SCさんとの練習試合では、このグランドの広さに戸惑い、サイドに張った選手との距離が遠く、攻守共にサポートが遅れました。
そこを改善できるか、少しシステムも変更して臨みました。

8人制・15分×6本
試合結果
①0-1
②0-3
③0-0
④0-3
⑤0-2
⑥0-3
計0-12

見事に完封されました・・。
スピード・パワー・テクニック、すべてにおいて圧倒されました。
1本目は僅差で終われましたが、開始から5分以上はずっと自陣から出ることも出来ない展開。
気が付けば相手のGKがハーフラインを越えたポジションにいて、そのことに気づかないくらい押し込まれました。
引き上げてきた選手たちに、もう一つテーマを与えました。
「どれだけ点差が開いても、絶対に試合を捨てないこと」
2本目からも展開は変わらず、力の差を見せつけられ続けます。
それでもチームが崩壊することはなく、普段練習では体を投げ出すことが出来ない選手たちが、ゴール前で3人連続でスライディングでのブロックを見せてくれるなど、
苦しい展開のなか皆の本気が伝わってきました。
だから、やられても、見ているこちらは楽しかったよ♪
当初予定していた5本目が終了しましたが、15分弱の残り時間が・・。
このままでは終われないとSHCさんに泣きの1本をお願いしたところ、快く引き受けていただきました。
最終の6本目。「何失点しても構わないから、1点取ろう」と送り出しました。
そして見事に玉砕・・。
気持ちだけでは通用せず、最後までゴールは遠かったね・・。
でも、盛り上がったね!
前への圧力は1番出ていたし、相手陣内でのプレータイムも1番長く作れた試合になりました。
点差の開いた最後のゲームが盛り上がり、与えたテーマを全員が完璧に消化してくれました。
良い経験が出来たね。
皆の本気が、少しづつ表現出来るようになってきたと感じた練習試合でした。

最後に、今日コーチが感じたこと。
SCHさんと皆との決定的な違いは、プレーではありませんでした。
集合している時の姿勢、SCHの選手たちはきちんとした姿勢で、余計なおしゃべりをせずにコーチのお話に集中していました。
学ぼうとする姿勢、吸収しようとする意欲が、離れたベンチからでも感じ取れました。
もう一つは、試合に出ていないメンバーが、ずっとボールに触れていたことが印象的でした。
貪欲にサッカーに取り組む姿勢を、皆も見ていたはず。
ここから追いつき追い越したいなら、やらなければいけないことがあるはず。
それけがすべてではないけれど、よい見本があった。
今日、よいものを見て、対戦して感じることができた。
絶対に、力に変えていこいう。

対戦していただいたSCH.FCの皆様、ありがとうございました。
車出しをしてくださった保護者の皆様、応援に来ていただいた皆様、いつもありがとうございます。











by gsfc12 | 2018-02-11 18:27 | 練習試合 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hodogayags.exblog.jp/tb/238316806
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 3年生 カップ戦(フットサル)      4年生「第44回 神奈川県少年... >>