横浜GSFC U-12

hodogayags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2020年 08月 08日

6年 8月8日(土)ルーキーリーグ

2020年8月8日(土) @境川遊水池G
6年 8月8日(土)ルーキーリーグ_a0109316_21340992.jpeg
6年 8月8日(土)ルーキーリーグ_a0109316_21342744.jpeg
6年 8月8日(土)ルーキーリーグ_a0109316_21345948.jpeg
6年 8月8日(土)ルーキーリーグ_a0109316_21351844.jpeg

本日からルーキーリーグU12が開幕しました。
昨年はたくさん試合をさせていただき、試合の楽しみを通して成長の場となったルーキーリーグ。結果も負けなしで見事1位となりました。今年はどうかな?

結果
vsあざみのキッカーズ 1-2
 得点 ウミ
vs六浦毎日SS 0-1
 得点 なし

今日のテーマ&目標
サッカーを楽しむ。失敗を怖がらず積極的に挑む。味方に意思を伝えてプレーを広げる。
"前"へ進むことを意識
3-3-1(アンカー、インサイドハーフ2枚)ポジションの利点を意識してチームで戦う
DF特にサイドバックからFWへ強いパスを入れる。そのために、インサイドハーフは外へ開く動きを意識する。
インサイドハーフはサイドバックがボールを受けたらタッチラインへ広がる。FWへパスを入れさせてみたり、自分がパスを受けたり、試みる。その次のアクションも自分で味方に伝えてボールが動くようにする。
サイドバックは積極的に駆け上がる。
3バックだけど3人で端から端まで同時には守れない。まずは中央を守ることを意識して、ボール位置によって横にスライドする。
ボールと逆サイドのサイドバックは、ボールサイドのサイドバック、センターバックの背後をカバーすることを意識する。
相手選手の間を通すパスを狙っていく。

コメント
vsあざみのキッカーズ
気合十分でのぞみましたが、相手の技術と勢いに押されました。ポストを叩く危ない場面も耐えていくと、ウミのカウンターから豪快な一撃!先制。徐々に試合に慣れ相手にも慣れ、ちょっと押され気味ながら良い戦いに持ち込みました。
残念ながら逆転をされましたが、試合中でいろいろなことに挑戦して、成長したのはGSだったと思います。
ボールを奪えそうな場面で奪い切れなかったり、2人いるのに譲り合ってしまったり、失点につながったのは今まで取り組んできたことの延長だったかな。積み重ねを大事に。

vs六浦毎日SS
チャンスもピンチもあったけど、押し気味に展開。ポジションを毎回少し変更しているので慣れる時間が必要なのも影響したか、勝ち切れませんでした。
あざみのキッカーズ戦以上に両サイドバックの攻撃参加が光りました。シュートにつながらなかった点は次への課題です。
あざみのキッカーズ戦、六浦毎日戦の前半で気になったのは、「ドリブルを頑張って頑張って・・・奪われる→カウンターをくらう」回数が多かったこと。ドリブルは大事だし活用してほしいけれど、ボールを奪われては良くないです。チームでゴールを重ねることが目的であって、ドリブルはそのための一つの武器です。ドリブルとパスでシュートまでつなげることが大事です。かわす、止まる、向きを変える、そうしたドリブルも混ぜて、パスをしっかり出せるように工夫をしてください。味方を信じてパスを出そう。パスを出したら止まらず次の場所へ動いでボールを前へ運ぼう。

ルーキーリーグU12は、残念ながら2戦2敗のスタートとなりました。でも、積極的にパスを受けて次につなぎ、前へと進む積極さなど昨年より何倍も成長が見られました。チャンスもたくさん作りました。次はゴールにつなげるプレーを挑戦して試合で成功させよう。
ここからたくさん試合をこなして順位をあげることを楽しみましょう。試合を増やせるかどうかも、みんなの努力次第です。楽しみながら頑張って。

対戦していただいたあざみのキッカーズさん、六浦毎日SSさん、ありがとうございました。
配車、応援、会場の手伝いをいただいた保護者の皆さん、ありがとうございました。
応援と写真撮影に来てくれたハル、ゴウ、ソラ、佐々木さん、島田さん、ありがとうございました。


# by gsfc12 | 2020-08-08 21:22 | 公式戦 | Trackback | Comments(0)
2020年 08月 07日

4年 柳島カップ

4年 柳島カップ_a0109316_18150564.jpg
4年として最初の招待杯となる、U10柳島カップに参加しました。
夏休みとは言え、平日とあって欠席が多く、少ない人数でがんばりました。
大会主催の大豆戸FCさん、対戦頂いた各チームさん、ありがとうございました。

U10柳島カップ 風リーグ
8月6日(木)はれ 柳島しおさい公園(茅ケ崎市)
7人制、12分ハーフ

①vs 大豆戸FCレッド 1(1ー3)5
得点:むねのり
②vs アマネセル 3(0ー3)3
得点:けいと、むねのり2
③vs LingFC 3(1ー0)0
得点:むねのり2、みずき

結果:3位(1勝1分1敗)
優秀選手:れい

1試合目の大豆戸戦は1ー1の同点に追い付きながら、その後ずるずると失点を重ね完敗。2試合目も前半終了0ー3と敗色濃厚
でしたが、後半から攻撃、守備とも見違えるように良くなり、Rマドリードの日本スクールチームに3点差を追い付く健闘。
3試合目は2試合目後半の流れを保ち、快勝しました。
優秀選手は諦めないディフェンスで多大な貢献をし、成長をみせたれい。好セーブを連発したGKのわたるも光りました。
勝ち点では2位チームに並ぶも得失で3位となりましたが、目指していたトロフィーは獲得し、選手たちはご満悦の表情でした。
一生懸命練習して、次はもっといい結果が出せるようがんばりましょう!


# by gsfc12 | 2020-08-07 23:47 | Trackback | Comments(0)
2020年 08月 02日

6年生 SUERTE CUP

6年生 SUERTE CUP_a0109316_19402028.jpg
6年生 SUERTE CUP_a0109316_19393907.jpg
6年生 SUERTE CUP_a0109316_19403217.jpg
6年生 SUERTE CUP_a0109316_19400269.jpg
6年生 SUERTE CUP_a0109316_19395141.jpg

SUERTE CUPに、出場しました。


形式:8人制 予選リーグ:10分ハーフ・ノックアウトステージ:12分ハーフ

日付:8/2(日)
時間: 8時半~15
会場:大磯運動公園

相手:深見SCSUERTE SC・関谷SC・相模原みどり

結果:準優勝


予選リーグ①:深見SC4-0) 得点者:はる・けんたろう・ゆうせい・しんたろう

予選リーグ②:SUERTE SC1-0) 得点者:はる

準決勝:関谷SC1-1PK戦(1-0) 得点者:はる

決勝:相模原みどり(1-1PK戦(0-1) 得点者:ゆうせい


今日も、「前進」をテーマにしてみました。

勝敗「だけ」にとらわれることなく、テーマに向き合って、チーム全員で共有して、そのうえでスコアでも上回れるか!


初戦は、右サイドが機能し、青波の攻撃参加が非常に効果的でした。

相手の裏にタイミングよく抜け出した、しんたろうのゴールで快勝。


二戦目は、後ろにブロックを作って頑張る相手を崩すことが出来ず、焦りも出てきて、ついつい「頑張ってしまう癖が」…。

ハーフタイムに、「ミドルシュート」「ダイレクトプレー」を意識してみようと伝えて送り出しました。

思うようなプレーを披露することは出来ませんでしたが、予選リーグを1位突破。


準決勝の相手は、関谷SCさん。

4年時に練習試合でやられた記憶も残っており、非常に警戒して挑みました。

個人技に優れた選手が多い相手に、強く果敢にプレスをかけ続けました。

ミスから失点しましたが、はるの粘り強い前線からのチェックで同点とし、PK戦に持ち込んで勝利。

上手く幅を取れず、狭いエリアでの肉弾戦が多くなりました。

相手の技量を出させない守備の強さは目立ちましたが、攻撃へのポジショニングに移ることが出来ず、まだまだこのレベルの相手には効果的な前進を試みることは出来ませんでした。


決勝戦の相手は、相模原みどりさん。

逆側のコートから勝ち上がってきたチームで、何の情報もなく、真っ向勝負。

ゴール前で不必要なファールを犯し、直接FKで先制されます。

準決勝に引き続き、追い掛ける展開となりました。

チャンスは作るものの、決定的と言えるほどのものではなく、それでも攻め続けてラストプレーからゆうせいが左足で見事なミドルを打ち込んで試合終了。

2試合続けてのPK戦をものにすることは出来ず、準優勝に終わりました。

あすなろ大会の悲劇、再び…。


効果的な前進を意識して、攻撃に厚みを生み出すチャレンジについては、良い部分が見られました。

「守~攻」の切り替えを、スムーズに、そして意図を持って出来るように。

引き続き、取り組んでいこう。


予選リーグは、全員出場で勝ち上がることが出来ました。

ノックアウトステージでは、出場時間が限られてしまった選手もいましたが、ベンチでテンションを下げることなく声を出し続けてくれました。


チーム優秀選手に、けんたろうを選出しました。

CBとして圧倒的に強く、誰にも負けることはありませんでした。

パスの距離が伸びてきたことは、良い視野を確保していることと、キックの技術が上がってきた証拠です。

おめでとう!


対戦して頂いたチームの皆さん、ありがとうございました。

大会を主催して頂いたSUERTEの皆さん、大変な時期に貴重な大会を開いていただき、ありがとうございました。

保護者の皆様、配車と応援ありがとうございました。




# by gsfc12 | 2020-08-02 19:44 | 招待杯 | Trackback | Comments(0)
2020年 07月 25日

5年生 オーシャンズリーグ

7/16(日) 今川公園
オーシャンズリーグ 20分ハーフ

第1節 大曽根SC 9(2-0)0
Gセッキー、Gマサキ、GセッキーAユウト、GセッキーAナツル、Gマサキ(PK)、Gセッキー、Gセッキー、Gダイキ、Gナオト

第2節 アルチレーロ 2(0-1)1
失点、GセッキーAマサキ、GセッキーAユウト

5年生になって初めての対外試合となりました。
この日の試合に向けて、先週も先々週の練習も特にゴール前でのピンチ、チャンスを想定した練習をたくさんしました。
ピンチの場面でゴールを守りきる。
チャンスの場面でしっかり決めきる。
単純に対外試合は5ヶ月ぶり、公式戦となると県大会まで遡るので半年行っていませんでした。
真剣勝負をしている時の試合勘というか、気持ちの込め方を思い出してもらえるように選手達には接してきました。
結果は2連勝でしたが当然、苦しい場面、時間帯もたくさんありましたが、久しぶりの対外試合での真剣勝負を心から楽しんでファイトしてくれている選手達を見て、本当に嬉しかったです。
この日をどれだけ待ちわびてきたか。
やっぱり真剣勝負っていいですねー!

久しぶりの試合だったので、低学年のころによくやってい試合前に自身のプレーイメージを他の選手みんなに向けて発表してもらいましたが、やっぱりみんな言うことが自分のポジションやイメージをしっかり持って発言できるようになってきたなーっと感心したので、ここに記しておきます。

セッキー→ドリブルで仕掛けてシュートをたくさん打つ、ゴールを決める。

マサキ→ダブルタッチやフェイントを使ってドリブルする。ミドルシュートを打つ。

ケンヤ→相手選手に1対1で負けない。抜かさない。

ヨッチ→予測をしてセカンドボールをマイボールにして攻撃につなげる。

ユウト→速いドリブルを意識して相手DF、ゴールに向かって仕掛ける。

ナッツ→ディフェンスをしっかりして、奪ったボールをカウンターにつなげる。

ナオト→ゴールが見えたらどんどん打つ。

ダイキ→フェイントを使ってドリブルする。抜く。

フウガ→キーパーで出たら絶対失点しない。フィールドで出たらシュートをいっぱい打つ。

テル→ミドルシュートをどんどん狙う。


実際に選手たちがイメージしていた通りのゴールやシチュエーションもたくさんありました。
いやーすごい。
成長してるなーっと感心しました。
お疲れ様でした!
5年生 オーシャンズリーグ_a0109316_17264792.jpeg
5年生 オーシャンズリーグ_a0109316_17271468.jpeg
5年生 オーシャンズリーグ_a0109316_17273489.jpeg


# by gsfc12 | 2020-07-25 16:52 | 公式戦 | Trackback | Comments(0)
2020年 07月 24日

6年生 練習試合 対帷子SC

6年生 練習試合 対帷子SC_a0109316_22383812.jpg
6年生 練習試合 対帷子SC_a0109316_22382367.jpg
6年生 練習試合 対帷子SC_a0109316_22375222.jpg

練習試合を行いました。


形式: 8人制 15分×6かな??

日付:7/24(金) 
時間:15時~17
会場:長浜公園
相手:帷子SC
結果:負け(得点×3:ゆうせい×2、ちひろ・失点×沢山) 


今日は、「前進」をテーマにしてみました。


再開した練習で感じていたことは、攻撃に関わる人数の少なさ。
前方にパスした選手が、そこでプレーを止めてしまう場面が目立ちます。
ある選手に、
「どうして今のタイミングで、上がっていかなかったの?」
と質問したところ、
「ボールを取られた時に、ここにいないと守れないから」
との回答でした。
「正しいな」と思いました。
その選手はDFとして、相手にやられないように考えた結果、攻めるよりも守ることに備えたということ。
間違いないない判断だし、ゴリゴリの正論。


それから一週間…
「でもやっぱり、攻撃したいじゃん」
という結論に至りました。
守備では相手にバランスを崩されないように守る必要があるので、
それなら攻撃は、相手のバランスを崩しながら攻めたい。
その為には、
「ボールを取られた時のことは、一度忘れてみよう」
そういう難しいことは、もう少し先に覚えてもらうことにして、
攻めることに、人数と労力を割いていこうと伝えました。

具体的には、
「前方にパスを出すことが出来たら、必ず追い越していこう。」
「横パスもバックパスも必要なプレーだから、その時は慎重に判断しよう」
の、2点を伝えました。


初めのうちは、こちらの声掛けで恐る恐る追い越すから、追いつかない…。
それでも繰り返し前進していくことで、チーム全体で意識を共有する場面が出てきましたし、人数をかけてサイドを崩す場面が多く見られました。
サイドでも中央でも、前進するために追い越していくこと、人数を増やして分厚く攻めることを、体と頭に染み込ませていこう。


対戦して頂いた帷子SCの皆さん、ありがとうございました保護者の皆様、配車と応援ありがとうございました。




# by gsfc12 | 2020-07-24 22:42 | 練習試合 | Trackback | Comments(0)